2017年7月6日更新

ジェシカ・ルーカスが『ゴッサム』出演でブレイク間近!

映画『死霊のはらわた』のジェシカ・ルーカスが、バットマン誕生までを描く海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』のシーズン2に出演決定!彼女のプロフィールと今までの出演作を振り返ってみましょう。

ジェシカ・ルーカスのプロフィール

ジェシカ・ルーカスは1985年9月24日生まれ、カナダのバンクーバー出身の女優です。7歳から演技を始め、1992年から1994年までトロントのチルドレンズ・シアター・アーツでトレーニングを受けました。

ジェシカ・ルーカスの主な出演ドラマ

『CSI:科学捜査斑』(2007)

ラスベガスを舞台に、科学を駆使して犯罪捜査にあたるCSIチームの活躍を描いた人気クライムドラマ。ルーカスは、CSIのメイン・メンバーであるサラが引退するまでの間教えていた訓練生、ロニー・レイク役で主演しています。

『メルローズ・プレイス』(2009〜2010)

ロサンゼルスにあるアパート、メルローズ・プレイス。そこの住人たちの恋愛模様を描いたドラマです。ジェシカ・ルーカスは1年生を教える教師、リリー・リッチモンド役で出演しました。

『グレースポイント(原題)』(2014)

映画『海賊じいちゃんの贈り物』のデヴィッド・テナントとドラマ『ブレイキング・バッド』のアナ・ガン主演。海沿いの田舎町グレースポイントで起こった殺人事件の捜査から解決までを描く正統派推理ドラマです。イギリスの人気ドラマ『ブロードチャーチ』のリメイク。ルーカスは、サンディエゴからやってきた記者レニー・クレモンズ役で出演しています。

ジェシカ・ルーカスの主な出演映画

『アメリカン・ピーチパイ』(2006)

女子サッカー部が廃部になってしまい、男子サッカー部に入れてもらおうとする主人公ヴィオラ。しかし、入部を断られてしまい、双子の兄セバスチャンになりすまして男子サッカー部に入部します。そこから始まるドタバタを描いた青春コメディ。ルーカスは、ヴィオラの友人イヴォーヌを演じています。

『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)

巨大怪獣がニューヨークを襲うなか、逃げ惑う人たちに重点を置いた擬似ドキュメンタリー。ルーカスは、主人公の兄ジェイソンの恋人リリー役で登場しています。

『死霊のはらわた』(2013)

80年代のスプラッター・ホラーの傑作『死霊のはらわた』のリメイク作品です。薬物依存の治療のため、山小屋に連れてこられたミア。ところが、仲間の一人が地下室で見つけた死者の書の封印を解いてしまい、解放された霊がミアに憑依してしまう。看護師のオリビアをルーカスが演じています。

『ポンペイ』(2014)

古代ローマの都市ポンペイが、火山の噴火によって滅亡した史実をもとにしたディザスタームービー。街の権力者の娘カッシアの侍女アドリアネの役で出演しています。

『GOTHAM/ゴッサム』出演で注目を集める

バットマン誕生以前のゴッサム・シティを描く海外ドラマGOTHAM/ゴッサム』。様々なヴィランが悪に染まるまでの前日譚など、見ごたえのある作品となっています。

ジェシカ・ルーカスはタビサ・ガラヴァン/タイグレイスという悪役でシーズン2に出演することが決まりました。タビサはゴッサムを牛耳ろうとしている億万長者、セオ・ガラヴァンの妹で、暴力と破壊行為に快感を覚えるタイプとのこと。

セクシーな衣装の公式写真も公開され、話題になっています。日本での放送が待ち遠しいですね!