内田理央、セクシーでかわいいと話題の彼女に迫る!

2017年5月1日更新 2606view

大人気ヒットドラマ『逃げ恥』にも出演し”かわいい!”と注目を集めた内田理央。個性的な役柄も可愛らしく演じる彼女に注目します。話題の写真集のお尻ヌードとは!?そのスレンダーな体型を生かして幅広く活躍する彼女をご紹介します!

内田理央のプロフィール

内田理央

出典: sirabee.com

内田理央は1991年9月27日生まれの女優。だーりお、りおたん、うっちーなどの愛称で親しまれています。

漫画やアニメ、ゲームが大好きで、部屋にはフィギュアや漫画本がたくさんあるそうです。漫画では、『ドラゴンボール』や『ジョジョの奇妙な冒険』などがお気に入りと明言しています。

性格はおっとりとした雰囲気があり、料理やファッションなどが好きで女子力が高いようです。特技はイラストを描くことだそう。

2010年4月、日本テレビ『アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜』にて「ド新人アイドル」のキャッチフレーズで芸能界デビュー。公式メンバーを視聴者の投票によって選ぶサバイバルオーディションに参加し、2010年6月に番組の公式メンバーにも選ばれました。

その年の9月に雑誌『B.L.T.』の企画がきっかけ画事務所非公認ユニット「LPG」のメンバーにもなりました。

内田理央の出身高校は?大学は?

内田理央

内田理央の出身高校は日本大学鶴ケ丘高校と言われています。

「法律について無知だったから」という理由で日本大学の法学部に進学を決め、2014年3月に卒業しました。

映画『血まみれスケバンチェーンソー』でふんどしヒロインに

血まみれスケバンチェーンソー

出典: natalie.mu

『血まみれスケバンチェーンソー』は、漫画雑誌の「月刊コミックビーム」に連載中の三家本礼原作の人気アクションコミックを実写化した2016年公開予定の作品。

自前のチェーンソーを武器に、ゾンビになってしまったクラスメーイトたちや改造され凶悪になったクラスメイトたちと戦う羽目になってしまうスケバン・鋸村ギーコの活躍を描いています。

メガホンをとるのは、CG編集技術が得意で海外の評価も高い『メサイア 漆黒ノ章』『ヲ乃ガワ WONOGAWA』の山口ヒロキ監督。 内田理央が演じるのは、主人公の無類の不良女子中学生、鋸村ギーコです。

原作同様、セーラー服に、下駄をはき褌をしめて演じます。チャームポイントのお尻をチラ見させるシーンは必見ですね。重さ4キロのチェーンソーを振り回すハードなアクションを下駄で行うシーンもあり、かなり苦労したようで、体を張った演技が期待されます。

2015月10月8日に公開された特報では「血まみれ」も「スケバン」も「チェーンソー」も登場しません。女子高生の内田理央が山道を自転車で走る、まるで青春映画かのような爽やかな映像になっています。

そして、2015年12月に公開された新予告編では、一転してその本質が垣間見えるグロ要素がたっぷり。チェーンソーを振り回す内田理央の狂気的な姿を観ることが出来ますよ。とても勢いがある映画になっている予感がします。

映画『血まみれスケバンチェーンソー』は、3月5日より公開されます。