2017年7月6日更新

ハリーポッターが舞台化?!『ハリー・ポッターと呪われた子ども』まとめ!

全世界で大ブームを巻き起こした『ハリー・ポッター』が今度は舞台化?!しかも2部作?舞台『ハリー・ポッターと呪われた子ども』はロンドンのウェストエンドの劇場で2016年夏公演予定です。原作者J.K.ローリングも関わる舞台化プロジェクトはどのようなものなのでしょう?

舞台『ハリー・ポッターと呪われた子ども』概要まとめ

『ハリー・ポッターと呪われた子ども』は公演予定の2部作に分けられたウェストエンドの舞台です。肝心のストーリーはというと「ハリー・ポッターの語られなかった物語」、つまりホグワーツに入学する前の孤児であった時の物語が展開されるようです。

原案はJ.K.ローリング、イギリスの劇作家ジャック・ソーン、舞台演出家ジョン・ティファニーによって共同制作され、ジャック・ソーンが脚本をつとめます。第一部はイギリスのロンドン、パレス・シアターで2016年の夏に公演が予定されており、J.K.ローリングは経験豊富なチームと共に舞台化に関わるそうです。

ハリー・ポッターのフランチャイズ

大人気『ハリー・ポッター』シリーズはJ.K.ローリングによる4億5千万部以上を売り上げた7部作の小説で、8部に分けて映画化されシリーズは全世界で44億ポンド以上の総利益をあげました。加えて、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターといったテーマパークと映画で使われたセットのスタジオツアーが同シリーズを基にオープンしました。

舞台化に関する公式発表まとめ

『ハリー・ポッター』を原作にした舞台が1年ほど制作準備に入っていることが明らかになりました。

発表の際、J.K.ローリングは舞台が「ハリーが見捨てられた孤児だった幼年期の語られていないストーリーを展開する」ことを明らかにしました。

2014年の春

J.K.ローリングは舞台化プロジェクトのために製作陣を選び始めました。

J.K.ローリングは舞台化の発表の後、『ハリー・ポッターと呪われた子ども』はハリー・ポッターシリーズのプロローグにあたるものではないと述べています。なぜ小説ではなく舞台なのかという質問に対しては「この物語にふさわしい表現方法であるということが舞台を観ればわかるでしょう」と述べています。また、J.K.ローリングは舞台が全く新しいストーリーを扱うこと、これまでの内容の焼き直しのようなことはしないことを約束しファンを安心させました。

2015年6月26日

正式に『ハリー・ポッターと呪われた子ども』のタイトルがつき、ロンドンのパレスシアターで2016年の夏にワールドプレミアがされると発表されました。舞台の公式ウェブサイトではチケットのプレオーダーと製作陣のプロフィール閲覧が可能になりました。

2015年9月24日

J.K.ローリングは芝居が2部作の構成になることを発表しました。

J.Kローリングの発言

舞台に関するJ.Kローリングのツイートに注目。

https://twitter.com/jk_rowling/status/647153552100560897

(咳払いをしてティースプーンでティーカップを鳴らす)#呪われた子ども についてお知らせがあります!
引用:mtv.com
我々が取り組んでいるストーリーの叙事詩的な性質から、『ハリー・ポッターと呪われた子ども』は二部に分かれます!@HPPlayLDN
引用:mtv.com
今回の舞台は脚本家のジャック・ソーン、演出家のジョン・ティファニー、そして私の共同製作になるの。 現段階ではまだ詳細について語りたくないわ。 でもシリーズの前編ではないことは確かよ。全く違うストーリーになる予定。
引用:screenrant.com

発言から物語の壮大さがうかがえますね。

演出監督と脚本家の発言まとめ

『ハリー・ポッターと呪われた子ども』の演出監督ジョン・ティファニーと脚本家ジャック・ソーンはポッターモアのウェブサイトで制作の準備で何が行われているのか、また2部作構成になったいきさつを教えてくれました。

脚本家ジャック・ソーンは言います。

2部作になることが決まって嬉しかったよ。もっとキャラクターについて掘り下げる時間ができるし光栄なことだ。ハリー・ポッターの舞台化というとてつもないチャンスをもらえたことは信じられないほど素晴らしいことだ。むさぼるようにハリー・ポッターを読み映画を観たファンとしてこれ以上にエキサイティングなことはないよ。(ジャック・ソーン)
引用:mtv.com

監督ジョン・ティファニーはストーリーが舞台演出家として経験したことのない領域にあると言います。なぜなら壮大なスケールの世界を構築する種のものだからです。

大抵、演劇は脚本を書くための原作があるか完全にオリジナルなものを一から作るかなんだ。『ハリー・ポッターと呪われた子ども』では素晴らしい本と人気のキャラクターについて踏み込んでいくユニークな機会を与えられたんだ。J.K.ローリングと世界中がまだ知らないストーリーを作っていくのはとても刺激的な体験だよ。(ジョン・ティファニー)
引用:mtv.com

監督のジョン・ティファニーは8つの映画のスケールと野望を引き継ぐのはまるで略奪者の先例にならうようだと付け加えています。舞台の2部作構成は完成度のために必要な措置なのでしょう。

脚本家のジャック・ソーンは言います。

正しい方向に進んでいると信じたいよ。常に原作をリスペクトしているんだ。原作ファンがこの芝居も同じくらい好きになってくれるといいな。そのためにできることを全てやっているよ。(ジャック・ソーン)
引用:mtv.com

ジョン・ティファニーは制作チームが誰よりもハリー・ポッターの新しいストーリーが生まれることについてワクワクしていると述べました。

制作陣にはハリー・ポッターを読んで育った人、子供がファンの人がたくさんいるんだ。「ハリーが戻ってくるなんて思っていなかった。でも本当に帰ってくるんだ。」という発言をきくとワクワクするし、おごそかな気持ちにもなるよ。(ジョン・ティファニー)
引用:mtv.com

ストーリーはハリーの両親にスポット

ローリングは詳細を語ろうとしないものの、英国紙The Dailyによると新たなストーリーはハリーの両親、リリーとジェームズがヴォルデモートに殺される以前の話になるということ。恐らくハリーは赤ん坊として登場する(もしくは全く登場しない)ことになるでしょう。

2016年11月にはハリーが生まれる以前のホグワーツを描いた『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の映画公開も予定されており、ハリポタファンにとっては忙しい一年になりそうです。