シェイリーン・ウッドリーは変わってる?トリビアや秘密12選!

2017年7月6日更新

SFアクション映画『ダイバージェント』シリーズの主人公トリスを演じるシェイリーン・ウッドリー。2作目『ダイバージェント NEO』も2015年10月16日から公開されます。名実共にスターの彼女ですがその人物像もスター級に変わっているのだとか?シェイリーン・ウッドリーの秘密をwhatculture.comよりご紹介します。

1.お気に入りの映画は『ダーティ・ダンシング』『ポカホンタス』

Pocahontas

俳優によくする質問に「お気に入りの映画」がありますが、シェイリーン・ウッドリーはたくさんのエンタメ映画を挙げました。

『ダーティ・ダンシング』『ムーラン・ルージュ』『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』『レント』(エンタメばかりではないですね) そして『ポカホンタス』です。

『ポカホンタス』にはウッドリーの心の琴線にふれる何かがあるらしく、彼女はこう語ります。

泣いちゃう映画も、笑える映画もあるわ。でも”わぁ、この映画がなかったら自分は違う人間になっていただろうな”って思える作品は『ポカホンタス』だけなの。

本当よ!歌詞を聴けば、人類が学ぶべきものすごい価値をこの映画は教えてくれているんだってわかるはずよ。元気を出したいときはいつも『ポカホンタス』を観るの。

引用:whatculture.com

ディズニー映画は多くの人々の心を温めてくれますが、その中では『ポカホンタス』はマイナーな選択と言えるかもしれません。ウッドリーらしいですね。

2.フェミニストではありません

シェイリーン・ウッドリー

シェイリーン・ウッドリーは自分をフェミニストだと思うかという質問に対して危なっかしい回答をしました。

いいえ、だって私は男性が大好きだから。女性に権力を与えて、男性を無力にするという考えでは絶対に上手く行かないと思うの。バランスが必要なのよ・・・。男性の地位が下がって女性の地位があがっても上手く行かないのよ。ちょうどいいバランスがないと。

フェミニズムよりも女性たちの連帯意識に興味があるわね。女性として思うことは、どうして男性に女性を尊重するよう私達が求められるのかってことよ。私達はお互いすら尊重し合っていないというのに。

引用:whatculture.com

ウッドリーはフェミニズムの本当の意味を知らないのだということが彼女の発言からわかるかもしれません。しかし世界中のフェミニズム運動をしている人々にとっては残念なことに、ウッドリーはきちんと自分の考えを主張したのです。

この発言のせいでウッドリーの評判は下がったでしょうか?一部のブロガー達以外は気にしていないようです。

3.ヒッピーです

シェイリーン・ウッドリー

リッチなハリウッド・スターのウッドリーですが、名声にとらわれることなく地に足の着いた自由な精神をもっているようです。以下はウッドリーがナチュラル志向で自由主義な活動をしている例です。

クレー(泥)で歯を磨きデトックスのためにそれを食べます。歯のホワイトニングにはセサミオイルを用い、月に一回ロサンジェルスの山々を訪れては湧水を汲みに行きます。歯磨き粉・ボディローション・ボディオイルは手作りしています。

薬効と明晰夢を見るためにハーブを使用し、チーズを作り、パインの木のトゲからお茶をつくり、婦人科の病気予防のためにビキニラインの肌を焼きます。農場から食糧調達し、古着を好み、植物採取のためにどこへ行くにもガラスびんを持っていきます。

更に、ウッドリーはセレブとして注目されるのを好みません。過去には静かな休暇を過ごすためエージェントに滞在先について嘘を言ったこともあります。携帯電話を持たず、ロスの家だって祖母にあげてしまって、自分は友達の家を転々としました。

また、ウッドリーは所持品の全てがスーツケース一個に納まる程少ないと自称しています。信じがたい話ですよね・・・。

4.副業をもっています

シェイリーン・ウッドリー

高給取りで成功している女優ですら最悪に備えているのです。というのは、ウッドリーはもし女優業に失望したり、詐欺にあって全財産を失ったりした場合にどうするかきちんと計画しています。

ウッドリーによると最悪の事態に陥った場合は、ウッドリーの出世作『ファミリー・ツリー』のロケ地でもあるハワイに移住してフルーツ屋さんを開くか、ハーブの専門家になるかだったそうです。

ウッドリーはハーブの効能について熱烈に話したこともあります。ハーブはずっと健康な人生を送るのにとても良いと言うのです。失業した一般人がしかたなくハーブ関係の仕事をするのとは対照的に、ウッドリーがハーブ専門家にならざるを得ない状況は当分やってこないでしょうね。

5.バイセクシャルです

シェイリーン・ウッドリー

2014年の『ダイバージェント』のプレス取材の際にウッドリーは自身がバイセクシャルだと公言しました。

私は人と恋に落ちるときそれが誰なのかを大事にするの。なにをする人かだとか、男性か女性かは関係ないわ。

今は男性と交際中のウッドリーですが2014年にはエレン・ペイジと一緒にいるところを何度も目撃されて噂になりました。しかしエレンとはただのお友だちだったようですね。

6.『トワイライト』が嫌いです

twilight-eclipse

ヤングアダルト向けファンタジーの作品に出演してトワイライトシリーズと似た客層に人気であるために、ウッドリーはよくトワイライトシリーズについて意見を訊かれます。例によってウッドリーはストレートな物言いをしました。

トワイライトは、ごめんなさいね、とても不健康で毒になる恋人関係のお話よね。ヒロインは男の子と恋に落ちるけど、彼が彼女を振るおかげで彼女の人生は滅茶苦茶になって自殺まで考えるのよ!若者にどんなメッセージを伝えたいというの?進歩的なお話ではないわ。
引用:whatculture.com

ヒロイン役のクリステン・スチュワート自身もおそらくこの点ではウッドリーに同意することでしょう。(巨額のギャラのために演じただけでしょうから。)ハリウッド・スターがこの問題作をあからさまに嘲笑するのを聞くのは新鮮ですね。

7.『ハンガー・ゲーム』のカットニス役候補でした

シェイリーン・ウッドリー

『ダイバージェント』のトリス役に決まる前はシェイリーンは『ハンガー・ゲーム』のカットニス・エヴァディーン役にと考えられていました。結局、カットニス役は、ジェニファー・ローレンスに決まりました。キャスティング・ディレクターの選択は間違っていなかったでしょうが(ジェニファーは役にピッタリです。)ウッドリーはトリス役に決まったときジェニファー・ローレンスからアドバイスをいくつかもらっています。

ストーリーとキャラクターが好きなら、製作予算は気にしないで飛び込んで行きなさいって言われたわ。ドラッグだとかセックステープを撮るだとかそういう馬鹿な真似をしなければあなたは大丈夫よってね。
引用:whatculture.com

ウッドリーは長年にわたり有名な役のオーディションを受けてきました。しかしショーン・ペン主演『アイアムサム』(2001)の娘ルーシー役はダコタ・ファニングに渡り、『レ・ミゼラブル』ではコゼットに応募しましたがアマンダ・セイフライドのものになりました。

8.毛髪を寄付しました

シェイリーン・ウッドリー

『きっと、星のせいじゃない。』で癌患者役のヘイゼル・グレース・ランカスターを演じるために髪を切らねばなりませんでした。

切った髪を誰かのために役立てようと「チルドレン・ウィズ・ヘアレス(髪のない子供達)」と呼ばれる、事情があって髪の毛がない子どもたちのためのウィッグを作る団体に毛髪の寄付をしています。ウッドリーは自分の友人や家族、ファンにも呼びかけチャリティーを支援しています。

髪の毛の寄付についてウッドリーはこう語ります。

誰かのためでなく自分のために人生を生きなければならないと悟ったときから私はもっと寛大で親切で感謝の心をもった人間になれたの。もっと恩返しができるようになった・・・。正しいことをするのはいつだって気持ちがいいものよ、それに周りにも良いことの輪は広がっていくものだわ。
引用:whatculture.com

9.脊柱側弯症のためコルセットをつけていました

シェイリーン・ウッドリー

健康そのものに見えるウッドリーですが、常に健康だったわけではないようです。

15歳のとき、ウッドリーは脊柱側弯症という背骨が曲がってしまう病気にかかり、背骨をまっすぐに伸ばすためにプラスチックの固定器を胸から臀部にかけて装着していなければなりませんでした。それは2年も続いたといいます。

みすぼらしい、最悪なプラスチックのコルセットを1日18時間も身に着けている気分だったわ。初めは食べることも呼吸するのだって大変だったの。クロスカントリーのスポーツを諦めなければならなかった。でも背骨を矯正するために必要なことだったのよ。
引用:whatculture.com

治療が上手くいって良かったですね。

10.テレビ出演のかたわらアパレル店員もしていました

シェイリーン・ウッドリー

人気テレビ番組に決まったら今までやっていた他の仕事を辞めるのが一般的ですが、ウッドリーは違いました。

『The Secret Life of the American Teenager』でスターダムを決定づけた役に決まってからもウッドリーはロサンジェルスのアメリカン・アパレルのお店で働き続けました。

大抵の人なら辞めてしまうのにその仕事を続けたことでウッドリーは地に足がついた生活も経験できました。2010年に3年間のテレビシリーズが終わり、出世作『ファミリー・ツリー』の役を勝ち取るまでその仕事を辞めませんでした。

ティーンに大人気のテレビシリーズに3年も出演したと言うのに、一般人と同じ普通の仕事もこなしていたのです。

11.ジェイク・ギレンホールやリース・ウィザースプーンが好きです

Jake Gyllenhaal

インタビューでよくある質問に、役者として誰にインスパイアされているかというものがあります。

ウッドリーは特に好きな俳優の名を4人挙げています。ジェイク・ギレンホール、ユアン・マクレガー、リース・ウィザースプーン、そしてマーシャ・ゲイ・ハーデンです。

最初の3名とは共演したことはないものの、マーシャ・ゲイ・ハーデンとは2005年に映画『Felicity: An American Girl Adventure』で共演しています。ハーデンはウッドリーが『ファミリー・ツリー』で評価されるようになってから次のようなコメントをしています。

2005年に『Felicity: An American Girl Adventure』でシェイリーン・ウッドリーの母親を演じる名誉に預からせてもらいました。ウッドリーのオフの時も含めた仕事への姿勢にすぐさま感銘を受けました。彼女の奥深さと能力は他の子役とはかけ離れていました。そうです、ウッドリーは共演者皆をインスパイアしたのです。

ですから当然シェイリーンが『ファミリー・ツリー』で乱流の中を導いている姿には目を奪われるものがありました。無防備で生々しい感情と、反対にガードが堅くてシニカルな様子を同時に表現しなければならない難しいシーンでしたね。シェイリーン、母親役のひとりとして、あなたの成長ぶりを見るという貴重な経験をさせてくれてありがとう。

引用:whatculture.com

他3名の尊敬する俳優たちと共演を果たせるのでしょうか?これからが楽しみですね。

12.『アメージング・スパイダーマン2』を降板したのはきっと、すっぴんのせいじゃない

シェイリーン・ウッドリー

ウッドリーは『アメージング・スパイダーマン2』のメアリー・ジェーン・ワトソン役で2013年3月に撮影しました。

アンドリュー・ガーフィールド演じるピーター・パーカーと会うシーンの撮影だったそうです。3作目でエマ・ストーン演じるグウェン・ステイシーが殺されてから登場シーンが増える予定でした。

しかし、たったの3か月後に、ウッドリーのシーンは完全にカットされてしまいました。その報道がウッドリーのすっぴん写真のリークと重なったので、ファンの多くはもしやウッドリーは素顔が可愛くないという理由で降板させられたのではないかと噂しました。

もちろんそれはバカげた憶測です。元々お眼鏡にかなっていなければ、キャスティングの時点で落とされていたはずだからです。監督のマーク・ウェブは、ウッドリーの降板について「ピーターとグウェンの関係を掘り下げてストーリーをわかりやすくするため」だとコメントしています。

映画は142分しかありませんから適切な判断と言えます。ウッドリーのシーンは最短でも5分はあったでしょうし、制作上の理由なら頷けます。ファンのくだらない噂は大ハズレだったのですね。