ブラックな「ロード・オブ・ザ・リング」こと『ゲーム・オブ・スローンズ』がすごい3つのポイント

2017年7月6日更新
7王家の争いを描く海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。現在3章までリリースされており、4章は放送中。5・6章も製作が決定されているという今注目の海外ドラマ。何がすごいのかをチェックしておきましょう!

7王国が最高権力である王座を巡って争う。壮大なスケールのファンタジードラマ

ゲーム・オブ・スローンズ

季節が不規則に訪れるウェスタロス大陸という大陸が舞台。大陸は7王国と呼ばれる7つの王家がそれぞれの地域を支配しており、「鉄の王座」を手に入れた王家が大陸の覇権を握る。忠誠や愛、そして裏切り、陰謀、憎しみなどが入り乱れる中、その王座を巡るゲームに勝利するのは誰なのかーというストーリーになっています。

【ストーリーがすごい!】大人向けダークファンタジー

gameofthronesmain

大陸の覇権を握る「鉄の王座」を争い7つの王家が争い合うという壮大な世界観。それに加え大陸へ侵入しようとする「異系」と呼ばれるモンスターとの攻防やウェスタロス大陸奪還を目論むエッソス大陸の陰謀などスケールが大きすぎてあっという間に引き込まれます!

様々な政略や欲望が渦めいている中で予想もつかないまさかの裏切りや暗殺、近親相姦..。非常に大人向けなストーリーでまさに、ブラックな『ロード・オブ・ザ・リング』といったところ。その黒さに唖然とするかもしれません。

【描写がすごい!】エグくてエロい過激さ

gameogthrones

描写がかなり過激ということでも注目。壮絶かつ残酷でバイオレンスな戦闘シーンは剣と剣のぶつかり合いなんて生温いものではなく、容赦なく目を刺し抜かれたりクビばっさりはね落とされます。中世らしい邪悪な儀式のシーンでは動物の心臓に齧り付いたり、「異系」の殺戮シーンは悲惨そのもの。

そしてお色気シーンもたっぷり。人気の女優が惜しみなくフルヌードを披露していたりとかなり刺激的な映像になっています。「欲望」や「愛」という人間の本質を描くためとはいえどもすごい!

【規模がすごい!】大作映画並みのプロジェクト

まず本作『ゲーム・オブ・スローンズ』のシリーズ制作費は日本円にして破格の80億円という大作映画並みの予算。原作のファンタジー小説『氷と炎の歌』は1500万部を突破。モロッコ・イギリス・アイルランドでロケした撮影総日数は170日。アカデミー賞のテレビ版とも言われるエミー賞では6冠を達成。数字を並べてみるといかにスケールが大きいかがわかります。