2017年7月6日更新

映画『ハンガー・ゲーム』のウィロウ・シールズが美少女すぎる!

映画『ハンガーゲーム』シリーズにプリムローズ役で出演の美少女ウィロウ・シールズ。彼女のプロフィール、出演作品などについてご紹介します。

ウィロウ・シールズのプロフィ—ル

ウィロウ・シールズ(Willow Shields)は2000年6月1日生まれ、アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキ出身の女優です。

双子のオータム・シールズも女優、兄のリバー・シールズも俳優の芸能一家です。

2008年、死にゆくガンマンを描いた『Las Vegas New Mexico 1875』でナレーションをしたのが最初の仕事になりました。また同年、ドラマ『ザ・プロテクター/狙われる証人たち』でテレビデビューを果たしました。

2012年より、主人公カットニスの妹プリムローズ・エヴァディーン役で『ハンガー・ゲーム』シリーズに出演しています。

『ハンガー・ゲーム』にプリムローズ・エヴァディーン役で出演

『ハンガー・ゲーム』(2012)

『ハンガー・ゲーム』は、スーザン・コリンズの同名小説を原作とするSFアクション作品シリーズの第1作です。近未来アメリカの独裁国家で強制的に開催される殺人サバイバルゲーム「ハンガー・ゲーム」を描いています。ウィロウ演じる12歳のプリムローズはそのプレイヤーに選ばれてしまい、主人公である姉カットニスが代わりに出場することになります。

『ハンガー・ゲーム2』(2013)

シリーズ第2作となる『ハンガー・ゲーム2』は、ハンガー・ゲームに優勝したカットニスが各地区を廻る凱旋ツアーを描いています。ウィロウは引き続き、プリムローズ役で出演し、カットニスが唯一愛情を注ぐことのできる家族として登場します。

『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』(2014)

シリーズ第3作となる『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』は、カットニスが反乱軍に合流し、独裁国家打倒の革命に参加していく模様を描いています。

ウィロウ演じるプリムローズは猫をかわいがる愛らしい妹として登場します。

15歳とは思えない完成された美しさには圧巻

力強い目です。

大人っぽいコンサバな感じ。

サインに応じる姿がかわいいです。

大人っぽいシースルー。

2015年サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナルにて。

クローズアップ。

髪をまとめて…

ダンスのトレーニングにいくところ。

ハリウッド女優風。

プロモーションをがんばります。

特技はダンス!アメリカの番組でも披露

ウィロウはダンスが得意で、アメリカの芸能人社交ダンスの番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』に出演しました。

最新作『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』にも期待

『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』は、シリーズ完結編となる作品で、カットニス率いる反乱軍と独裁国家との最終戦争を描いています。

ウィロウも引き続き、プリムローズ役で出演します。ますます大人っぽくなったウィロウがどのような演技をみせてくれるか楽しみです。2015年11月20日、日米同時に公開となります。

ウィロウシールズの今後

『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』以外にも、ウィロウは、セントルイスを舞台にしたスリラー『A Fall from Grace』、両親の離婚を止めようとする少年を描いた『Conversations with Andy』、不思議な旅を経験する少女たちを描いたファンタジー『The Wonder』など、出演予定作が控えており、ますますの活躍が期待されます。