今年のハロウィンはスター・ウォーズのコスプレ・仮装で決まり!

2017年11月30日更新

日本でもすっかりハロウィンが定着、秋には多くの人が仮装やコスプレをして街へくり出しています。もしどんな仮装をしようか迷っているならスター・ウォーズのコスプレはどうでしょうか!?今回はwhatculture.comよりスター・ウォーズのコスプレ集を紹介します。

『スターウォーズ』のコスプレ・仮装でハロウィンを楽しもう!

『スターウォーズ』シリーズといえば圧倒的な知名度を誇り、個性的なキャラクターたちが大勢登場するハロウィンの仮装やコスプレにうってつけの映画です。そこで今回はハロウィンでぜひなりきりたいおすすめのキャラクターを紹介します。

ハロウィンはスターウォーズの世界観をみんなに見せつけて楽しみましょう!

パドメ・アミダラ

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』など新3部作でナタリー・ポートマンが演じていたナブーの女王、パドメ・アミダラ。

パドメは衣装が派手で個性的、さらにメークも特徴的なキャラクター、この仮装でハロウィンパーティに向かえば目立つこと間違いなしです。衣装のバリエーションが多いためかぶる可能性も低いでしょう。

ストーム・トルーパー

スター・ウォーズシリーズ、帝国軍の兵士ストーム・トルーパー、悪役ながらどこか愛嬌があるキャラクターです。全身白のコスチュームが印象的、本格的にコスプレするのは少し大変かもしれません。

ストーム・トルーパーのコスプレをするなら、ひとりではなく何人かグループを組むのがオススメです。

AT-AT(スノーウォーカー)

帝国軍の地上兵器AT-AT(スノーウォーカー)は二人で1セットのようです。

ハン・ソロ

スター・ウォーズ旧3部作全てに登場、シリーズの中で最も人気の高いキャラクターのひとりハン・ソロ。

今年12月公開の最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にハリソン・フォードがハン・ソロ役でカムバックしているため、今年のハロウィンはハン・ソロの仮装が多くなることが予想出来ます。

ハン・ソロの仮装は男性だけではなく、女性にも人気が高いようです。

チューバッカの仮装をした友人とパーティに向かえば完璧です。

ハン・ソロ(スター・ウォーズ)+インディアナ・ジョーンズ(『インディジョーンズ』)+リック・デッカード(『ブレード・ランナー』)!?

ルークの隣にいる男性はハリソン・フォードが演じた代表的3人のキャラクターをミックスしたコスプレをしています。

レイア・オーガナ

キャリー・フィッシャーが演じていたオルデランの女王、18歳で帝国元老院の議員になったレイア・オーガナ。

レイアはスター・ウォーズの中で最も人気が高いコスプレのひとつです。

巻き髪に白いガウンをまとえばほぼレイア姫、お手軽なところがその人気の要因のひとつかもしれません。

マンダロリアンの戦士

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』に登場、ダースベイダーがハン・ソロを捕らえるために雇った賞金稼ぎボバ・フェットは登場シーンが少ないながら根強い人気があるキャラクターです。

ボバ・フェット以外にも、ファンはそれぞれオリジナルのマンダロリアンの戦士のコスプレを楽しんでいるようです。

ダースベイダー

スター・ウォーズシリーズだけではなく、悪役の中で最も有名と言っても過言ではないダースベイダーは世界で最もコスプレされているキャラクターのひとりでしょう。

黒いマント、黒いスーツ、黒いヘルメットをかぶり街にくり出せば、一躍注目の的、多くの人から写真を求められるはずです。

アナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセンバージョン)

ダースベイダーがダークサイドに堕ちる前、ヘイデン・クリステンセンが演じたアナキン・スカイウォーカーのコスプレもオススメです。

ダース・ベイダー(マスク無しバージョン)

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』セバスチャン・ショウ(ダースベイダーの素顔を演じた役者)版のダース・ベイダーはきっちりと再現しない限り、ゾンビに間違われてしまう可能性があります。

チューバッカ

ハン・ソロの相棒、ウーキー族チューバッカのコスプレは難易度が高いかもしれません。全身毛だらけの着ぐるみを手に入れなくてはなりません。

ガモーリアン、チューバッカ、ストームトルーパー

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場したガモーリアン、チューバッカ、ストームトルーパーのスリーショットです。

ダース・モール

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場、クライマックスでオビ=ワンに敗れたダース・モール。

映画ではわずか1作のみの登場ながら大きなインパクトを残し、新3部作の悪役の中で特に人気が高いキャラクターです。

鬼と悪魔をミックスしたような見た目と黒いコスチュームが特徴、ダース・モールのコスプレは小さな子供を泣かせてしまう危険性があります。

レイア奴隷バージョン

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』レイアはジャバ・ザ・ハットの宮殿にジャバの奴隷女性として潜入、その時のコスプレが海外では人気があるようです。

金のビキニを着ればほぼコスプレ完成です。

ジャバの奴隷版レイアでハロウィンパーティに出かければ、男性の目線を一気に集めること間違いありません。

スターウォーズ定番じゃないキャラクターたちのコスプレ

1977年『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開されて以来、スターウォーズは実写映画に留まらず、コミック、小説、ゲームにまで世界は広がり、登場キャラクターはもはや数えきれないほど多種多様です。

これから紹介するコスプレは定番キャラクターは嫌だという人にオススメです。

ジェダイナイト、アイラ・セキュラ

アイラ・セキュラはジョージ・ルーカスが生み出したキャラクターではなく、映画公開後にアーティストが生み出したキャラクターです。ルーカスはセキュラの絵を気に入り、新3部作『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場させています。

ダース・タロン

ダース・タロンは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から137年後を描いたコミック『スター・ウォーズ・レガシー』の登場キャラクター、コミックシリーズの中でも特に人気が高いキャラクターです。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』エンドアの戦いで大活躍したイウォークやウーキーはコスプレというより着ぐるみ感が強いかもしれません。

ジャワズ

タトゥイーンに住む小柄のエイリアン、ジャワズもスター・ウォーズファンの中では人気のコスプレのようです。