役者の才能を最大限に引き出す、若松節朗監督作品映画まとめ

2017年7月6日更新
若松節朗は現在の秋田市出身の映画監督。1980年代中期からテレビドラマの演出でキャリアを築き、「振り返れば奴がいる」「お金がない!」など織田裕二とタッグを訓で仕事をすることも多い。女優では松嶋菜々子と組んで仕事をすることが多く、その作品には「やまとなでしこ」、「救命病島24時」等が挙げられる。主戦場はテレビドラマとする中でも、映画監督として日本を代表する作品を制作する若松節朗監督の作品をまとめましたのでお楽しみください。

日本最大のダムでおこるテロリスト事件から人質を救う青年の活躍を描くサスペンスドラマ

Masakazu__Ueoka 邦画で面白いと思った映画です。 数年後に観たアマルフィも面白いと、 気づけば、織田裕二と佐藤浩市でした。

山崎豊子による同名ベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ

hima_take ちょっと長いけどおススメ映画、実際に起こった航空機事故を題材としている。同じテーマの「クライマーズハイ」、そちらもおススメ。

不倫を忌み嫌っていたはずの中年サラリーマンが派遣社員と恋に落ちる東野圭吾原作のラブストーリー

iwawawawah 原作は東野圭吾が描く恋愛小説。とは言ってもただの恋愛じゃなくて、不倫がテーマ。もし今不倫か浮気してる人、もしくは浮気、不倫願望がある人にはぜひ見て欲しい映画です。不倫は甘~い地獄。将来を考えてる彼氏がいる女の子は、彼氏に見せるのも良いかも笑 あと私的には主役2人のキャストは謎だったけど、木村多江はやっぱり適役!