ハンガーゲームに出演するはずだった俳優・女優15選。クロエちゃんも出る予定だった?!

2017年7月6日更新

スーザン・コリンズの小説を基に製作された映画『ハンガー・ゲーム』シリーズは世界中で大人気、ジェニファー・ローレンス、リアム・ヘムズワースなど豪華キャストが見所の一つになっています。今回はwhatculture.comよりハンガーゲームに出演するはずだった俳優・女優15選を紹介します。

1.アビゲイル・ブレスリン(カットニス・エヴァディーン役)

アビゲイル・ブレスリン

『サイン』『私の中のあなた』などに出演、2006年公開ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督『リトル・ミス・サンシャイン』のオリーヴ役として知られるアビゲイル・ブレスリン。

『リトル・ミス・サンシャイン』で人気に火がついてからおよそ10年、現在19歳の彼女は『ゾンビランド』『ニューイヤーズ・イブ』など大きくなってからも話題作に出演しています。

噂によると、彼女はジェニファー・ローレンスが演じたカットニス・エヴァディーン役として名前が挙がり、最終候補3人まで残っていたそうです。

当時、カットニスを演じるには若すぎたことが落選した要因のひとつだと言われています。

2.ミア・ワシコウスカ(ジョアンナ・メイソン)

ミア・ワシコウスカ

『ディフィアンス』『キッズ・オールライト』などに出演、2010年公開ティム・バートン監督作『アリス・イン・ワンダーランド』でアリスを演じたことで知られるミア・ワシコウスカ。

『ハンガー・ゲーム2』から登場、ジョアンナ・メイソンを演じたのはジェナ・マローンでしたが、彼女は第一候補ではなかったそうです。

新たなビッグネームとして、ミア・ワシコウスカがハンガーゲームシリーズに参加する可能性がありました。

3.メリッサ・レオ(マグス役)

メリッサ・レオ

『フローズン・リバー』『イコライザー』などに出演、デヴィッド・O・ラッセル監督『ザ・ファイター』でアカデミー主演女優賞を受賞しているメリッサ・レオ。

『ハンガー・ゲーム2』に登場、ハンガーゲーム出場を志願した最高齢参加者マグスを演じたのはリン・コーエンでしたが、メリッサ・レオがこの役を演じる可能性があったそうです。

しかし、メリッサ・レオはリン・コーエンよりも30歳以上若く、最高齢参加者として登場させるには無理がありました。もしメリッサ・レオが演じていれば、マグスのキャラクター設定は変更されていたでしょう。

4.アーミー・ハマー(フィニック・オデイル)

アーミー・ハマー

『ソーシャル・ネットワーク』『J・エドガー』などに出演、2013年公開『ローン・レンジャー』でジョン・リード(ローン・レンジャー)を演じたことで知られるアーミー・ハマー。

第1作とは違い『ハンガー・ゲーム2』は歴代優勝者を集めた大会を舞台にした作品だったため、ティーンエイジャーに見える役者を選定する必要が少なくなりました。

そのため、制作陣はたくさん20代のスターをリストに挙げていたそうです。

その中のひとりがアーミー・ハマー。サム・クラフリン演じる、フィニック・オデイル役の有力候補だったそうです。

5.クロエ・グレース・モレッツ(カットニス・エヴァディーン役)

クロエ・モレッツ

『モールス』『ダーク・シャドウ』などに出演、『キック・アス』ヒットガール役で大ブレイクを果たしたクロエ・グレース・モレッツ。

『ハンガー・ゲーム』が大人気ヤングアダルト小説の映画化ということもあり、小説のファン層から人気の高い女優をカットニス・エヴァディーン役にキャスティングすることが重要視されていました。

そこで名前が挙がったのがティーンから絶大な支持を得ているクロエ・モレッツ、第一作の製作が発表された頃にMTVのインタビューでこんなことを言っていました。

“つい最近、とても大きなプロジェクトへの参加が決まったの。”
引用:whatculture.com

これを聞いた多くの人たちが『ハンガー・ゲーム』のことだと予想。しかしその大きなプロジェクトとはジョニー・デップ主演ティム・バートン監督『ダーク・シャドウ』(2012)のことでした。

6.リンジー・フォンセカ(カットニス・エヴァディーン役) 

リンジー・フォンセカ

『キック・アス』『ザ・ウォード/監禁病棟』などに出演しているリンジー・フォンセカ。

2010年、暗殺者ニキータを主人公とした大人気ドラマシリーズ『NIKITA/ニキータ』アレックス役を演じ人気を獲得したことで、カットニス・エヴァディーン役候補として浮上していたそうです。

7.アーロン・テイラー=ジョンソン(ピーター・メラーク役)

キックアス

『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』などに出演『キック・アス』で大ブレイク、『アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン』クイック・シルバーを演じたことでも知られるアーロン・テイラー=ジョンソン。

アーロンはジョシュ・ハッチャーソンが演じたピータ・メラーク役のオーディションを受けていたそうです。

彼は素晴らしい役者ですが、このキャラクターの性質にはフィットしていませんでした。

もし、クロエ・モレッツと共にキャスティングされていたら、『キック・アス』の名コンビが復活することになっていましたね。

8.ハンター・パリッシュ(ピータ・メラーク&フィニック・オデイル)

ハンター・パリシュ

『セブンティーン・アゲイン』『アリスのままで』などに出演、アメリカのテレビシリーズ『Weeds ~ママの秘密』にレギュラー出演、『RV』でジョシュ・ハッチャーソンと共演していたハンター・パリッシュ。

ピータ・メラーク役候補としてハンター・パリッシュの名前が挙がっていたそうです。

ハンターがメラーク役にばっちりハマっているという意見があった一方、メラーク役にしてはぼんやりし過ぎだという意見もあり賛否両論だったようです。

後に、フィニック・オデイル役のオーディションも受けていましたが、再び落選していました。

9.シアーシャ・ローナン(カットニス・エヴァディーン役)

シアーシャ・ローナン

『ラブリー・ボーン』『ハンナ』などで知られるシアーシャ・ローナン。

『ハンガー・ゲーム』出演後、ジェニファー・ローレンスは『世界にひとつのプレイブック』でオスカーを獲得、世界一有名な女優のひとりになりました。

一方、『ハンガー・ゲーム』公開時、シアーシャは『つぐない』でアカデミー助演女優賞にノミネートされるなどすでに将来を嘱望される存在でした。

そんな彼女がカットニス役の候補に挙がるのは自然なことでしたが、結局選ばれたのはジェニファー・ローレンスでした。

10.ギャレット・ヘドランド(フィニック・オデイル役)

Garrett-Hedlund-TRON-Legacy

『トロイ』『狼の死刑宣告』などに出演、2015年10月31日公開の話題作『PAN ネバーランド、夢のはじまり』でフック船長を演じているギャレット・ヘドランド。

『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』などで素晴らしい役者であることは証明しているものの、『トロン:レガシー』の失敗により、悪いイメージがついてしまったのかもしれません。

監督のフランシス・ローレンスはギャレットをフィニック・オデイル役に推していましたが、スケジュールの関係で実現には至りませんでした。

11.テイラー・キッチュ(フィニック・オデイル役)

ジョン・カーター

『スネーク・フライト』『ローン・サバイバー』などに出演しているテイラー・キッチュ。

彼もまたフィニック・オデイル役候補のひとりだったそうです。

テイラー・キッチュと言えば、ディズニーが莫大な資金を投入して悲劇的失敗に終わった映画『ジョン・カーター』の主役としても有名です。

『ローン・サバイバー』と『ハンガー・ゲーム2』のスケジュールが重なっていたことが出演しなかった理由、『ジョン・カーター』の失敗は関係なかったようです。

12.エミリー・ブラウニング(カットニス・エヴァディーン役)

エイミー・ブラウニング

『ゴーストシップ』『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』『エンジェル・ウォーズ』などで知られるエミリー・ブラウニング。

彼女もまたカットニス・エヴァディーン役の候補でしたが、エミリー本人が出演に乗り気でなかったため、出演の話はなくなったと言います。

また、大人気ヤングアダルト小説『トワイライト』シリーズの作者ステファニー・メイヤーが彼女をベラ・スワン役に推していましたが、その時もオファーを断っていたそうです。