2015年11月公開の注目映画期待度ランキングトップ5!

2017年7月6日更新

Ciatrユーザーの「観たい」登録数を元に、2015年11月公開の映画の期待度ランキングを作成しました!ベストセラー小説の実写化から、スパイ映画、実話を基にした重厚な洋画まで。是非ご参考にしてください!

5位:名作『星の王子さま』のその後を映画化【11月21日公開】

サン=テグジュペリによる名作『星の王子さま』のその後を映画化した作品に期待が集まっています。

子どもから大人まで楽しめること請け合い。映画をきっかけとして、一度は読んでおきたい名作『星の王子さま』を読んでみてもいいかもしれません。原作を読んでからいくもよし、映画を観てから原作を読むもよしです。

日本語吹き替え版声優には、朝ドラ『あさが来た』の子役鈴木梨央が主役をつとめ、瀬戸朝香、津川雅彦、伊勢谷友介が脇をかためています。

4位:圧倒的な映像美で実話を描く【11月6日公開】

豪華キャストが集結した『エベレスト3D』に期待が集まっています。

一足先に公開された海外では、圧倒的な映像美が評価されているようです。キャストには、キーラ・ナイトレイ、ジェイク・ギレンホールジェイソン・クラーク、エミリー・ワトソン、エリザベス・デビッキ、サム・ワーシントン、ジョシュ・ブローリン、ロビン・ライトと名前を聞いたことのあるであろう実力派俳優が名を連ねています。

硬派な洋画を観たい方には11月おすすめの一本です。

3位:ついにMOZU完結【11月7日公開】

TBSとWOWOWで放送された人気ドラマ『MOZU』が劇場版で完結となります。

映画の前にドラマシリーズを観ておく必要があり、未見の方にはハードルが高いですが、ドラマファンは必見の作品といえるでしょう。本作では、「ダルマ」の謎が明らかになるようです。

西島秀俊、香川照之、真木よう子といったメインキャストにくわえ、伊勢谷友介、松坂桃李、長谷川博己、小日向文世など豪華キャストが集結、ダルマ役をビートたけしが演じます。

2位:11月イチオシのエンターテインメント映画【11月14日公開】

映画『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督がおくる新作スパイアクション『コードネーム U.N.C.L.E.』。

2015年は8月に『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』、9月に『キングスマン』とスパイ映画の良作が公開されてきました。12月に『007 スペクター』の公開を控え、そちらを楽しみにされている方も多いかもしれませんが、その前に11月の本作を見逃さないことをおすすめしておきます。

『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』では、ヒロインを演じたレベッカ・ファーガソンが話題になりましたが、『コードネーム U.N.C.L.E.』のアリシア・ヴィキャンデルもこれからチェックしておきたい女優です。

1位:伊坂幸太郎の傑作小説を映画化【11月7日公開】

120万部突破の伊坂幸太郎のベストセラー小説を原作とした映画『グラスホッパー』が11月に最も期待を集める映画となっています。

自殺専門の殺し屋、ナイフ使いの殺し屋など、邦画ではあまり見られないタイプのキャラクターが登場する本作。伊坂幸太郎ファンは、原作の世界観を本当に実写化できるのかというところにも注目しているかもしれません。

生田斗真、浅野忠信、山田涼介と若手からベテランまで日本を代表するイケメン俳優が揃っており、女優陣も波瑠、菜々緒、麻生久美子と美人女優が多数出演しています。キャスト、ストーリー、世界観ともにチェックしておきたい一本です。