今週映画館で観たいおすすめ映画9選!(10月21日〜)

2017年7月6日更新
今週映画館行くならこの作品を!毎週火曜更新!Ciatrスタッフによる上映中の話題作・今週末公開の新作から厳選したおすすめ映画9選です!口コミ・予告をチェックしよう!

10.25(土):向井理と片桐はいりがコミカルに7歳姉弟を演じます!

【ストーリー】
早くに両親を亡くしてから、ずっと二人きりで一緒に暮らしている、小野寺進(弟/33歳)と小野寺より子(姉/40歳)。モテないワケではないのに引っ込み思案で恋に奥手な弟と、こだわりが強く生命力の強い姉。弟は失恋の痛手から抜け出せないことを姉にとやかく言われながらも、彼等は一つ屋根の下に、イイ距離感を保ちながら暮らしていた。ある日、小野寺家に1通の誤配達の郵便が届く。その手紙をきっかけに進とより子、それぞれの恋と人生が動き始めるー。お互いを大切に想い合う不器用な姉弟のそれぞれの幸せの行方は―。 そして、弟が抱える、ある大きな想いとは―。

10.25(土):弱冠25歳、『わたしはロランス』のグザヴィエ・ドラン監督&主演最新作!

【ストーリー】
モントリオールの広告代理店で働くトム(グザヴィエ・ドラン)は、交通事故で死んだ恋人のギョームの葬儀に出席するために、ギョームの実家である農場に向かう。そこには、ギョームの母親アガット(リズ・ロワ)と、ギョームの兄フランシス(ピエール=イヴ・カルディナル)が二人で暮らしていた。 トムは到着してすぐ、ギョームが生前、母親にはゲイの恋人である自分の存在を隠していたばかりか、サラ(エヴリーヌ・ブロシュ)というガールフレンドがいると嘘をついていたことを知りショックを受ける。さらにトムはフランシスから、ギョームの単なる友人であると母親には嘘をつきつづけることを強要される。 恋人を救えなかった罪悪感から、次第にトムは自らを農場に幽閉するかのように、フランシスの暴力と不寛容に服していく……。

10.25(土):かつては天才ダンサー、今は冴えないメタボ中年男が美人上司を射止めるためにカムバック!

【ストーリー】
意中の美人上司を振り向かせるべく、少年時代に封印したサルサダンスに25年ぶりに挑­戦する中年メタボ男の奮闘を描くコメディー。『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などで人気のニック・フロストが原案・製作総指揮・主演を­務め、その製作チームも集結。6か月にわたりダンスを特訓したニックが巨体を揺らし華­麗なステップを披露するほか、盟友サイモン・ペッグがカメオ出演している。

引用:www.youtube.com

10.25(土):衝撃の史実とそこに巻き込まれた17歳の青年たち。感動のヒューマンドラマ。

【ストーリー】
1941年10月20日、ナチ占領下のフランスで一人のドイツ人将校が暗殺され、ヒトラーは即座に収容所のフランス人150名の銃殺を命令。この報復に危険を感じたパリ司令部のドイツ軍人たちはヒトラーの命令を回避しようとするが、収容所から人質を選ぶ。その中には、占領批判のビラを下っていた17歳のギィもいた・・・ 収容所のフランス人たち、困難に直面したドイツ軍人、人質選びを命じられてフランスの役人、銃殺を命じられたドイツ兵らのドラマを、「ブルキの太鼓」の名匠シュレンドルフ監督が描く、史実を元にした映画。

10.25(土):19秒で悪を裁くアクションサスペンス。クロエ・モレッツが娼婦役に挑んだことも話題に!

【ストーリー】
昼はホームセンターで真面目に働くマッコール(デンゼル・ワシントン)。元CIAのトップエージェントであったが、現在は静かに暮らしている。眠ることができない彼は深夜、近所のカフェで読書をするのを日課としていた。ある夜、そこで娼婦のテリー(クロエ・グレース・モレッツ)と出逢う。そして本に関する他愛のない会話を交わす内に、彼女がロシアン・マフィアに酷い仕打ちを受けていることを知る。人生に夢さえ抱けず、傷つけられるテリーを助けるため、夜、マッコールはもう一つの「仕事」を遂行する。それは人々を苦しめる悪人を葬り、どんなトラブルも完全抹消すること。しかし、この「仕事」がきっかけとなり、ロシアン・マフィアがマッコールを追い詰めて行くが……

公開中:『裏切りのサーカス』の原作者によるミステリー小説を映画化。リアルな諜報戦が楽しめます!

【ストーリー】
疑惑、利用、そして真実を欺く。 ドイツの港湾都市ハンブルク。諜報機関でテロ対策チームを率いる練達のスパイ、ギュンター・バッハマンは、密入国したひとりの若者に目をつける。彼の名前はイッサといい、イスラム過激派として国際指名手配されていた。

イッサは人権団体の若手弁護士の女性、アナベル・リヒターを介して、銀行家のトミー・ブルーと接触。彼の経営する銀行に、イッサの目的とする秘密口座が存在しているらしい。一方、CIAの介入も得たドイツの諜報界はイッサを逮捕しようと迫っていた。しかしバッハマンはイッサをあえて泳がせ、彼を利用することでテロリストへの資金支援に関わる“ある大物”を狙おうとしていた―。

そしてアナベルは、自分の呪われた過去と決別しようとしているイッサを命がけで救おうとする。また彼女に惹かれるブルーも、バッハマンのチームと共に闇の中に巻き込まれていくのだった……。

公開中:ニコール・キッドマンがモナコ公国公妃、グレース・ケリーを演じる話題作!

【ストーリー】
26歳の若さで引退を発表したオスカー女優グレース・ケリーとモナコのプリンスの結婚は、20世紀のおとぎ話として現在も語り継がれている。だが、そこには知られざる歴史の1ページがあった。  “世紀の結婚”から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれる。そんなある日グレースがヒッチコックからのハリウッド復帰の誘いに心を動かされたとき、レーニエは過去最大の危機に直面する。フランスのド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコに強要、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出したのだ。 愛する家族を守るため、そして宮殿生活で見失っていた自分を取り戻すため 覚悟を決めたグレースは、自分にしかできない秘策を考え出す。外交儀礼の特訓を受けて、完璧な公妃の“役作り”に励み、ド・ゴールを含む各国の指導者を招いた“舞台”を用意。果たしてグレースが自ら書いた“脚本”のクライマックスとなる、運命を握るスピーチとは──?

公開中:あの便利屋二人の元に小さなお客さんが!そして謎の団体が街を狙っていて・・

【ストーリー】
東京の郊外まほろ市で便利屋を営む多田啓介のもとに、同級生の行天春彦が転がり込んできてから3年。2人で行う便利屋仕事もすっかり板についてきたある日、多田はある難題を抱え込んでしまう。行天に内緒で、彼の実の娘はるの子守りを引き受けてしまったのだ。多田は子ども嫌いの行天にちゃんと伝えられず四苦八苦。そんな中、いつもアブない依頼を持ち込む裏社会の男・星良一に頼まれ、無農薬野菜の栽培&販売をする“家庭と健康食品協会(HHFA)”という団体の調査を始めた多田と行天だったが…。

公開中:『アジョシ』監督最新作。殺し屋の贖罪を描いたアクションドラマ。

【ストーリー】 物語は、冷徹な殺し屋が犯した想定外のミスから始まる。アメリカのナイトクラブでの任務遂行中、誤って幼い少女ユミを巻き添えにしてしまったゴンは、やるせない罪悪感に囚われ、生きる気力さえも失っていく。そんなゴンが雇い主である犯罪組織と訣別するため、最後の仕事として請け負ったのは、ユミの母親モギョンを葬るという非情なミッション。しかし祖国の韓国に舞い戻り、最愛の娘を亡くしたモギョンの苦悩に触れたことで、封印していた忌まわしい記憶が脳裏に甦ったゴンは、ある痛切な決意を胸に秘めて組織との死闘に身を投じていくのだった……。

引用:nakuotoko.jp