美山加恋の現在と今後【元天才子役が美少女過ぎてつらい】

2017年7月6日更新

『僕と彼女と彼女の生きる道』の凛ちゃん役で注目を集めた美山加恋が、昼ドラ『新・牡丹と薔薇』に出演することが決定。元天才子役は正統派美少女に成長を遂げていました。気になる美山加恋のこれまでと現在とこれからをまとめてご紹介します。

美山加恋のプロフィール

#団子3兄弟 ??? #ありがとう #bleach #ブリミュ

美山加恋さん(@miyamakaren)がシェアした投稿 -

美山加恋は1996年12月12日生まれ、東京都出身の女優です。血液型はAB型で、特技はお菓子作り、フラダンス、韓国語です。フラダンスは3歳の頃から習っているようです。韓国語に関しては、12歳から韓国語教室に通い始め、2009年には韓国ドラマ『IRIS-アイリス-』に出演しています。

マンガとアニメが好きとのことで、ブログでは好きなマンガについて書いていたこともあります。

好きなマンガは、砂時計、パフェちっく、恋したがりのブルー、僕の初恋を君に捧ぐ、スイッチガール、サムライカアサン、銀魂、桜蘭高校ホスト部…書ききれません!
引用:ameblo.jp

『僕と彼女と彼女の生きる道』の凛ちゃん役で大ブレイク!

僕と彼女と彼女の生きる道 オリジナル・サウンドトラック

2004年に放送された草彅剛主演のドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』で、草彅剛演じる小柳徹朗の娘小柳凛役を演じて注目を集めました。

凛の両親である徹朗と可奈子(りょう)は離婚しており、離婚までは母親である可奈子と接することが圧倒的に多かった凛でしたが、可奈子が家を出て行ってしまったため、徹朗と過ごす時間が長くなります。これまで仕事に生きてきた徹朗は凛との接し方がわからず、家庭教師のゆら先生(小雪)の方が凛との距離は近いようでしたが、次第に徹朗との距離が縮まっていき……、というストーリー。

そういった複雑な家庭環境の中で、父親との微妙な距離感を草彅剛とともに見事に表現し、一躍天才子役としてブレイクしました。

転機となった舞台『太陽に灼かれて』

後撮り✌︎ 振袖楽しいっ✌︎ #ふりふ #三松 さんにお借りしました‼︎ありがとうございます☺︎

美山加恋さん(@miyamakaren)がシェアした投稿 -

1994年にカンヌ国際映画祭最高賞グランプリを受賞した映画『太陽に灼かれて』の舞台化作品にナージャ役で出演しました。1930年代のソ連を舞台にした人間ドラマで、美山加恋が演じたナージャは、鹿賀丈史演じるコトフ大佐と水野美紀演じるマルーシャの娘という役どころでした。

2011年に行われたこの舞台は、美山加恋がひとりで役作りをして初めてのぞんだ舞台です。小学校4年生までは現場に母親がついてきてくれて、セリフ合わせや役作りも母親とともに行っていたそうですが、小学校5~6年あたりからひとりで役作りをするようになり、中学3年の時のこの舞台では完全にひとりで役作りをしたそうで、その時のことを2016年のインタビューで次のように語っています。

中学校3年生のとき、物心ついてからの初めての舞台「太陽に灼かれて」です。初めて舞台に立ったのは5歳の頃でしたが、この作品は一人で役作りをするようになって初めての舞台でした。当時の私にとってはものすごい挑戦で、鹿賀丈史さんなど舞台で活躍されている役者さんたちから刺激を受けました。学ぶことが多く、役者としてもっと成長したいと初めて思えた作品です。
引用:mdpr.jp

美山加恋の主な出演作

ドラマ『ちびまる子ちゃん』(2006年)

テレビアニメ放送開始15周年記念ドラマ ちびまる子ちゃん 通常版 [DVD]

2006年に放送された実写版『ちびまる子ちゃん』に、たまちゃん役として出演しています。主人公のまるこは森迫永依が演じていました。

ドラマ『鈴子の恋』(2012年)

「鈴子の恋」オリジナル・サウンドトラック

ミヤコ蝶々の生涯を描いた昼ドラマ『鈴子の恋』で、主人公ミヤコ蝶々の幼少期を演じました。

ドラマ『高校入試』(2012年)

高校入試 シナリオコンプリート版 DVD-BOX

有名進学高校の入試をめぐるミステリードラマ。長澤まさみ主演のこのドラマで、美山加恋は受験生の芝田麻美を演じました。

映画『ももへの手紙』(2012年)

日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞するなど高く評価されるアニメ映画『ももへの手紙』で、主人公宮浦ももの声を担当しました。

美山加恋の現在、『ラーメン大好き小泉さん』に出演!

『ラーメン大好き小泉さん』

ラーメン大好き小泉さん 4 (バンブーコミックス)

2015年には早見あかり主演の深夜ドラマ『ラーメン大好き小泉さん』に、主人公小泉さんのクラスメイト大澤悠役で出演していました。

大澤悠はかわいい子が大好きな女子高生というキャラクターで、かわいい小泉さんに異常な執着を見せるというこれまで美山加恋が演じたことのない役どころでしたが、コメディエンヌとしての資質もうかがわせる演技を披露していました。

『ラーメン大好き小泉さん』は2016年1月4日に新春スペシャルドラマとして放送されることも決定しています。

『新・牡丹と薔薇』に出演決定!

2015年11月30日から放送される昼ドラ『新・牡丹と薔薇』に出演することも決定しています。本作は2004年に大河内奈々子、小沢真珠主演で大ヒットした昼ドラのリメイクしたもので、黛英里佳と逢沢りなが主演予定です。

美山加恋は主人公の母親の18~22歳の頃を演じます。高校生で妊娠、出産など様々な経験をするという役どころで、経験したことのない10代での出産について、同系統の作品やドキュメンタリーなどを見て研究したそうです。美山加恋が演じる母親の若い時代がドラマの発端になるということになるでしょう。

美山加恋に恋の噂!塩野瑛久と交際?

20歳になって子役から女優へと華麗に転身した美山。そんな彼女に恋の噂があると報道されました。噂のお相手はキョウリュウジャーで知られている塩野瑛久(しおのあきひさ)。

2人は2016年上演の舞台『小さな結婚式〜いつか、いい風は吹く〜』で共演したことで意気投合したとのこと。舞台共演当時から好意をにじませており、恋人役を演じたことで勢いが加速したのでしょうか?フレッシュな真剣交際、あたたかく見守りましょう。

美山加恋の今後

2017年1月公開の中島裕翔、新木優子主演の映画『僕らのごはんは明日で待ってる』に鈴原えみり役で出演した美山加恋。その後は「プリキュア」シリーズの『キラキラ☆プリキュアアラモード』でメインキャラクター宇佐美いちかの声を務めています。

声優として2017年3月公開の『映画 プリキュアドリームスターズ!』にも参加しました。

2016年12月には20歳になった美山加恋。今後は1人の女優として活躍してほしいですね。