2017年7月6日更新

ケイティ・ロッツがかわいい!映画『400デイズ』出演でブレイクの予感!

ケイティ・ロッツ
©Brian To/WENN.com

映画『400デイズ』に出演しているケイティ・ロッツ。演技だけでなく、ダンサーとして活躍していた経験を活かし、人気海外ドラマ『ARROW/アロー』などで華麗なアクションを披露しています。そんな彼女のプロフィールや過去の出演作をまとめていました。

目次

ケイティ・ロッツのプロフィール

ケイティ・ロッツはカリフォルニア州サンディエゴ出身、1986年10月30日生まれのアメリカの女優です。ダンサーとしてアヴリル・ラヴィーンやレディ・ガガのツアーに参加した経験もあります。

2005年にはガールズグループ"Soccx"に加入し、2006年にデビューシングル"From Dusk Till Dawn (Get The Party Started)"をリリースしました。つづくシングル"Scream Out Loud"が2007年にリリースされ、どちらもドイツではトップ10入りしています。その後アルバム"Hold On"と、2008年にシングル"Can't Take My Eyes Off You"をリリースしました。

2006年から女優としての活動を始め、映画『チアーズ3』で小さな役で出演し、2010年には『Law & Order:LA』に出演しました。

駆け出し時代はテレビドラマ『Mad Men マッドメン』の端役

女優として活動し始めて間もない2010年から、ロッツは1960年代のニューヨークの広告業界の闇を描いた大ヒットドラマ『Mad Men マッドメン』に、主人公ドンの過去を知る女性、アンナの姪ステファニー役で出演していました。

ホラー映画『ディスコード -DISCORD-』では初の主役に抜擢

ケイティ・ロッツの初主演作は、2012年製作のホラーサスペンス『ディスコード -DISCORD-』です。低予算ながら評価も良く、2014年には続編も製作されました。

折り合いの悪かった母の死をきっかけに、娘をいとこのリズに預けて実家に戻って来たコートニー。ところがコートニーは連絡が取れなくなってしまい、それを心配した妹のアニーも実家にやってきます。葬儀が終わり、コートニーの娘エヴァを連れて来ていたリズも実家に泊まりますが、その夜リズは姿を消してしまいます。

次々と人が消えていく恐怖の家の謎を、ケイティ・ロッツ演じるアニーが解明していきます。

映画『バトル・オブ・ザ・イヤー ダンス世界決戦』ではダンサーのヒロインを熱演!

ブレイクダンスの世界大会「バトル・オブ・ザ・イヤー」で、15年間優勝から遠ざかっているアメリカチームの奮闘を描く青春ムービーです。

この作品でケイティ・ロッツは、自身のダンサーとしての経験を活かしてヒロインの振付師・ステイシーを演じ、華麗なダンスも披露しています。

映画『ザ・マシーン』ではヒロイン、アヴァ役でSFアクションに挑戦!

中国と西欧諸国が冷戦状態となっている近未来で、イギリス国防省からアンドロイド開発を請け負ったヴィンセント。新型アンドロイドの開発は順調に進んでいましたが、そんな中、ヴィンセントの助手アヴァが中国の暗殺者によって殺されてしまいます。ヴィンセントはアンドロイドの頭脳にアヴァの脳データを移植し、彼女の姿を模して「マシーン」を作り上げます。

ケイティ・ロッツはアヴァとマシーンの一人二役を演じ、アクションにも挑戦しています。

テレビドラマ『Arrow / アロー』にも出演!

ケイティ・ロッツはマーベルのコミック「グリーン・アロー」を原作としたドラマ『ARROW』で、サラ・ランスを演じています。サラは主人公オリバーの恋人の妹で、彼とともに船の遭難事故に遭い死亡したものと思われていましたが、暗殺者同盟「リーグ・オブ・アサシン」に助けられていました。後に街に戻り、主人公の仲間になります。

12月公開の映画『400デイズ』ではヒロインの宇宙飛行士を演じる

地下施設で400日間過ごすプロジェクトに参加することになった4人の宇宙飛行士の姿を描くSFスリラー『400デイズ』。この作品に、ケイティ・ロッツはプロジェクトに参加する宇宙飛行士のひとり、エミリー役で出演しています。『スーパーマン リターンズ』のブランドン・ラウス演じるテオと恋人関係になるようです。

映画『400デイズ』は2015年12月5日全国公開です。

2016年はドラマ『Legends of Tomorrow』への出演が決定!

ケイティ・ロッツはサラ・ランス役で『ARROW/アロー』に出演していましたが、2016年スタート予定の『Legends of Tomorrow』にも同役で出演することが発表されています。

『Legends of Tomorrow』は、もともと時折パートナーとして活動していたアローとフラッシュがもっと多くの仲間を集める必要があると感じ、他のスーパーヒーローを集めてチームを結成する、DCコミック版アベンジャーズとも言える作品で、同じく『ARROW/アロー』でレイ・パーマー/アトムを演じているブランドン・ラウスも出演しています。ロッツはこの作品でサラ・ランス/ホワイト・キャナリー役で登場します。

放送開始前から注目を集めている『Legends of Tomorrow』が、どのような作品になるか期待が高まっています。

演技もアクションもこなす若手女優ケイティ・ロッツ。今後の活躍にも期待したいですね。