野崎萌香のが女優として活躍中!?魅力に迫る

2017年7月6日更新

ミスTGC2009の準グランプリを受賞後、雑誌『non-no』を始め様々なメディアでモデルとして活躍し、現在ではファッション誌やCM、MV等で引っ張りだこのモデル、野崎萌香。幅広い層から指示を得ている彼女のデビューから現在に至るまで、そして将来を、追っていきました。

野崎萌香のプロフィール

1990年2月10日生まれの野崎萌香は、東京都出身でAB型。日本でファッションモデルを中心に活躍しています。

ミスTGC2009の準グランプリを受賞後、雑誌『non-no』を始め様々なメディアでモデルとして活躍し、現在ではファッション誌やCM、MV等で引っ張りだこのモデルです。

2015年12月には映画『春子超常現象研究所』でのヒロインにも選ばれ、その活躍はさらに多岐に渡っていくことと予想されます。

そんな野崎萌香のデビューから現在に至るまで、そして将来を、追っていきます。

ミスTGC受賞後、雑誌『non-no』で専属モデルとして活躍

街でスカウトされたことをきっかけにモデル業を開始した野崎萌香は、2009年9月、「東京ガールズコレクション 2009AW」にてミスTGC2009のファイナリストとして出演し、見事9200人に及ぶ応募の中で準グランプリに選ばれます。

この受賞をきっかけに雑誌『non-no』のノンノフレンドとなり、2012年まで専属モデルを努めました。

モデル活動は多岐に渡る

166cmとモデル業界ではそこまで身長は高くないものの、スタイルの良さと「なりたい顔No.1」とまで言われる容姿と相俟って、モデルとしての活動は非常に多岐に渡ります。

主に活躍している雑誌は『non-no』、『SPRiNG』、『With』、『MAQUIA』、『美的』、『Soup.』など、主なものを挙げただけでも幅広いジャンルのファッション誌で活躍していることが伺えます。

ゼクシイで出演したテレビCMは話題になりました。

趣味は舞台とバレエ鑑賞

趣味は読書や舞台の鑑賞です。

公式ブログでも「またバレエを再開したい」「あの独特の空間が好き」と語る程、バレエは熱を入れて活動していたこともあり、軸のぶれないウォーキングにもその運動神経の良さは活かされている様です。

『PIECE 記憶の欠片』の姫宮亜梨沙役で映画デビュー

「仮面ライダーオーズ」に出演した俳優、渡部秀と三浦涼介のW主演映画『PIECE 記憶の欠片』では、渡部秀演じる智紀のガールフレンド、姫宮亜梨沙役で出演ました。

本作は野崎萌香の映画デビュー作となっています。

2015年12月5日公開の映画『春子超常現象研究所』でヒロイン抜擢!田中圭と共演!

女優としては単発でのドラマ出演や『PIECE〜記憶の欠片〜』でしか経験の無かった野崎萌香ですが、2015年12月にはコメディ要素たっぷりのオカルト恋愛ムービー、『春子超常現象研究所』での出演が決定しています。

野崎萌香が演じるのはヒロインの春子役です。突然心を持ったテレビの持ち主を演じます。