エレメント・オブ・クライム

エレメント・オブ・クライム

作品情報

原題 Forbrydelsens element
製作年 1984年
製作国 デンマーク

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
ラース・フォン・トリアー処女作にしてヨーロッパ三部作の第一弾。犯罪者の心理に沿って事件解決を目指す刑事の話です。全編セピア調なので、VHSで観たせいでもあるのでしょうが非常に観づらいです。尖りすぎて意味不明なカメラワークもあり、彼がやりたいことを全部やったようなイメージです。こういうのを観ると、むしろ晩年は映画において自分のセンスを商業用に希釈したようにも思えます。
機会があれば観るべきだし、ラース・フォン・トリアー好きなら押さえておきたいのですが、映画としては上級者向きなので評価は低めです。
ciatrをフォロー: