さあ帰ろう、ペダルをこいで

さあ帰ろう、ペダルをこいで

作品情報

原題 SVETAT E GOLYAM I SPASENIE DEBNE OTVSYAKADE、 THE WORLD IS BIG AND SALVATION LURKS AROUND THE CORNER
日本劇場公開日 2012年5月12日
製作国 ブルガリア

新着感想・ネタバレ

you237の感想・評価
国柄だからか、多少堅苦しさや
独裁国家らしい脅し、パワハラ、暴力があったりもしたけど
家族の絆を描いたシンプルにいい映画でした。
35DH1の感想・評価
先日やっと観てきた、交通事故で記憶を失くした青年とその祖父が記憶を取り戻すべく、バックギャモン抱えてドイツからブルガリア迄を自転車旅に出る『さあ帰ろう、ペダルをこいで』、本当ステキな作品でした(^^)→ http://bit.ly/Nzsbm0
marima_rinの感想・評価
ただのほのぼのロードムービーと思っていたら国家や思想的なテーマが強かった。現在と過去を交差しながら生まれ故郷へ帰って行く描き方が上手く、重すぎず爽やかな作品に♪
ciatrをフォロー: