残酷メルヘン 親指トムの冒険

残酷メルヘン 親指トムの冒険

作品情報

日本劇場公開日 1970年1月1日

新着感想・ネタバレ

didymalilacinaの感想・評価
タイトルに惹かれてレンタル。
ヘンゼルとグレーテルにカニバリズム要素を注入、豊かさや貧しさといったものにおどろおどろしく迫ったストーリーでした。
ただ、兄妹でなく男五人兄弟という設定であったり森に迷い込んだ後出現するのは魔女ではなく人喰い鬼(可愛い娘さんもおられる)だったり、ところどころ絵本の内容と違うのがおもしろかったです。
生きるために何をしたらよいか、その行いによって五人兄弟の末っ子にもたらしたものは…というダークメルヘンな映画でした。

<ちょいネタバレ>
.
.
.
淡々と静か〜に話が進行していくので、「人喰い鬼の娘達が迷い込んで来た少年らを今すぐにでも食べたいがためにディナーの鹿肉をねぶるように食べたり」・「森に置き去りにしたあと両親達がすぐに子作りしようとする」など人間の三大欲求の描写が下品になりすぎてなくてよかった。
ciatrをフォロー: