殺人ワークショップ

殺人ワークショップ

作品情報

日本劇場公開日 2014年9月13日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
殺陣のワークショップから連想したのでしょう、とあるワークショップでは参加者の殺したい人間をみんなで殺しに行く実践型のトレーニングを行うのでした。これ多分実際に俳優などのワークショップを体験した人は共感できるのでしょう、魂の解放を謳い皆を鼓舞し、ついて来られない者は容赦なく切り捨てる。ものすごい低予算ながらも緊張感を与え続け、宇野祥平演じる講師を急激に神格化させていく。確かに最後は神様っぽかったなあ。
バイオレンス描写が非常に生々しいと言えます。オープニングからDVを受けまくる女の人が映し出され思わずウゲぇ…となります。
taro3594の感想・評価
20150809
akyamitsuの感想・評価
かなりの低予算感あふれる映画!
写真からもわかる、なんだこれ!?感半端ないです!
内容は
6人の殺したいと思う人がいる人達が、あるメールを受け取り
ある場所に集まり殺人合宿を受け
実行にうつすという感じ。
冒頭で一人一人ワークショップにきた理由を話すわけですが
それにツッコミをいれる講師がなかなかに面白い。
タイトルからは想像つきませんが、ちょいちょい笑えます。
#ぼっちゃん ではあんなにも優しい童貞役だったのが嘘のようでギャップがまたいいです。
冷めた目で見るとしょーもなって思う人もいるだろうし好き嫌いがかなり別れると思います。
暴力描写もジメーッと嫌な感じするし・・・。
この映画以外の白石晃士監督の作品はノロイしか見ていませんが他の作品も低予算感溢れているらしいですが
評価はなかなかに高いそうなので見てみたいと思います。
戦慄怪奇コワすぎ!シリーズの予告を見ることをオススメします!
かなりきになると思います!

ちなみに主題歌の#北村早樹子 の#卵のエチュード いい曲です。MVちょっと怖いですが。
☆☆☆☆
ciatrをフォロー: