ロッキー5 最後のドラマ

ロッキー5 最後のドラマ

作品情報

原題 Rocky 5
日本劇場公開日 1990年12月7日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

saku1saku1の感想・評価
クリード観て、すっ飛ばした5とファイナルを制覇。
老いていくロッキーがいい味出てて、気持ち入っていたのに、最後は興味覚め。ヘビー級だし、死ぬでしょう、普通。
Shingo__Takasatoの感想・評価
「天使はアンタだ、ミッキー」

酷評されてるけど自分はかなり好き。
路上で戦うのもアリかなと。
southpumpkinの感想・評価
明らかにこれまでの作品と毛色の異なる本作。とりあえず一旦ロッキーシリーズは終了とのことで最後にどんな熱いファイトを見せてくれるのか…、と期待してラストの”アレ”ではクソほど評価が下がるのも頷けます。「暴力による解決」という道徳心を刺激するオチでなんとなく丸く収まってしまうこの映画にヘイトが貯まりました。ただ史上最悪、との前評判を耳にした上で鑑賞に挑んだ僕としてはそれほど悪くなかった、むしろただのヒーロー映画になってしまった4よりは胸糞悪い塩気があってよかったと感じました。
「ロッキーは”ロッキー”なんだ!たとえすべてを失っても…」序盤で呆気無く全財産を失ってしまうロッキーは元の寂れた街に戻り、そこで出会ったぽっと出の新人ボクサーの育成に勤しみます。こいつのせいでロッキーは奇行とも呼ぶべきラストまで転げ落ち、前述の「何も救いのない」ラストにたどり着く。こうしてみればスコセッシ×デ・ニーロ『レイジングブル』の転落期に見えなくもない。すべてはボコボコにされて脳に障害を負ってしまったロッキーはすっかり丸くなってしまったのです。ミッキーの幻影も見ちゃうしね。
何はともあれ僕は4が嫌いなので、それよりは面白かった。
ciatrをフォロー: