間違えられた男

間違えられた男

作品情報

原題 The Wrong Man
日本劇場公開日 1957年6月19日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
冤罪に巻き込まれた男とその家族を描いた作品なのでいつものユーモアは持ち込んでいません なので息苦しくヒッチコックらしくない、ウィリアム・ワイラーとかシドニー・ルメット向きな題材だったかも、勿論見応えは十分ですが適任では無かったと思う。
aimiの感想・評価
1956年 アルフレッド・ヒッチコック監督 ヘンリー・フォンダ主演

冤罪のお話。
強盗犯に間違われ刑務所に入れられた主人公が、悲惨すぎて見ていられない。
誰にも信じてもらえず、奥さんは精神分裂症になっちゃうし、本当見てられない。
ただ、誰にでも起こりうることだと思うと、人事とは思えないし怖い。
一応最後はハッピーエンド的に終わるけど、すごいこじつけ感ですっきりしません。
ciatrをフォロー: