ブロークン・ポイント

ブロークン・ポイント

作品情報

原題 DAYS AND NIGHTS
製作年 2014年
製作国 アメリカ
上映時間 92分

新着感想・ネタバレ

tategotoの感想・評価
おじいちゃんがウイリアム・ハートだと気づいてビックリした(笑)緊張感漂う感じは雰囲気は好きだけど溜飲は下がらない(笑)

2015.12月鑑賞
s_p_n_minacoの感想・評価
田舎に集まった一家の数日と、それが伏線となって事件が起こる数年後。チェーホフ「かもめ」を下敷きにしてるそうで渋い実力派キャストが揃うが、思わせぶりなモノローグ、腹に一物ありげな家族模様は地味で暗い。80年代、ワシ=レーガン政権下のアメリカってのが結局何を言いたいのかよくわからんかったし、登場人物がよく絡まないまま終わってしまう。末っ子ベン・ウィショーが家族一同の前で前衛演劇を上演するのもわからん…案の定ウケなくて拗ねるが当たり前だ。
tetsuakiの感想・評価
戦没将兵追悼記念日周辺の週末、故郷である田舎の湖畔に、ある家族が集まり再会する。

何か事件が起き、集まった人々のブロークンなポイントがちょっと描かれ…

何を描こうとしているか全然解らない…

割と豪華な俳優陣、ケイティ・ホームズ、ジャン・レノ、ベン・ウィショー達が全然魅力的に描かれていない…
おじいちゃん役ウィリアム・ハートだけ印象に残った…

主人公の息子が熱心に取り組んでいる芸術と同じくらいこの映画は難解…(笑)
ciatrをフォロー: