テラフォーマーズ

テラフォーマーズ

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年4月29日
製作国 日本
上映時間 109分
ジャンル SF・ファンタジー>SF>異生物

あらすじ

21世紀、人口爆発を迎えた人類が選択した火星移住計画。人類はコケと“ある生物”を送ることで火星を地球化させようとした。それから500年。計画の仕上げのために火星へ送り込まれた隊員15人のミッションは、その生物の駆除。ところが、“ある生物”は人型に異常進化した凶暴な驚愕生物へと姿を変え、隊員たちに次々と襲いかかる。絶体絶命な状況のなか、彼らの身体に秘策が仕込まれていたことが明かされる。昆虫のDNAによって虫の姿に“変異”し、超人的なパワーを発揮できるのだ。騙されたことに怒りながらも、どう猛すぎる力を与えられた小町小吉(伊藤英明)のもと立ち上がる隊員。ついに人類対テラフォーマーの壮絶な戦いが始まる!だが、その裏で、もうひとつの陰謀が着々と進んでいた─。

新着感想・ネタバレ

ekurmovの感想・評価
相次ぐ実写化大失敗のの流れを受けてちょっと前に放映された「進撃の巨人」と一緒に鑑賞しました。
最初に言いますが「進撃の巨人よりはるかに酷い」です

火星で進化したGと戦うために手術でさまざま特殊能力身につけた個性豊かな面々が火星に送り込まれます

しかしこの個性豊かなキャラクターをたくさん出した割には説明が雑
ヤクザだったり殺人鬼だったりいろいろいるんですがそういった設定がストーリーに生きてくるわけでもなく「濃いキャラ」が集まるだけで痛々しいレベル

チームで来てチームで戦っているのに「次はこのキャラが戦うわけなんだけどこのキャラにはこんな過去があってこういう能力でこう戦って死にました。はい次のキャラです」という感じで一人ひとりが個別に扱われてしまっているので全くチームの関係性がわからない
わからないのに死ぬときとか戦うときだけ少年ジャンプみたいなセリフで仲間感出しはじめるので茶番感がすごい
ギャグなのかと思うほど
ヒロインに対する主人公の反応もいい加減で見ているほうも冷めてしまいます

それなりに見られたのはこういったぐだぐだな人間関係があらかた片付いて生存者が2、3人にまで減った終盤だけでした

もはや原作云々ではなく物語として破綻していたので評価低です
southpumpkinの感想・評価
酷評に次ぐ酷評を散々耳にし、観る気が失せていたのですが非常に良い機会に恵まれて鑑賞。
圧倒的なまでに進化したゴキブリに対抗し、火星に派遣された人々は自らも昆虫となり力を高める、という2点のアイディアのみで突破している印象。基本的なストーリーを『エイリアン』に寄せているため特に目新しさもありません。問題なのはやはりキャラクターの大渋滞。モブで十分な登場人物にこれでもかと個性的なキャラクターや過去のエピソードを盛っていきます。そのことばかりに集中し、キャラクター同士の関係性が全く成熟しません。主人公とヒロインの関係性すらかなり危うく、序盤に巻き起こるまさかの展開(でもこれCMで晒されていたような…)後の主人公の反応には、「やっぱり関係性が希薄なんじゃ…」と思わざるをえません。せめて主人公とヒロインじゃなくてもやまぴーとの関係性くらいはしっかり描いてほしいものです。急に仲間感出されても、さっき会ったばっかりのやつらでお互いの自己紹介が終わったレベルの関係性なのでまさに興ざめ。
上記のポイントはまさに駄作『スーサイド・スクワッド』にも通じるところなのですが、あれにはハーレイクインが出てくるからなあ。武井咲がもっとエッチな感じでずっと出てたら星2を上げないでもなかった(偉そう)。
kumies0120の感想・評価
原作未読です。

新しい仮面ライダーの変身シーンをたくさん見てるみたいだ。

武井咲ちゃんがすぐ、、、衝撃すぎて、えー!って言っちゃった。
菊池さんハリウッド女優なのにそんな風に使うの!?と思ったら、あぁそういうことかー。

虫は本当に苦手なのだけれど、女性陣の変身した姿は結構かっこよくて好き!特に菊池さんと小池さん!なんか美しいと思った。

エンドロールでケイン・コスギの名前を見て、え!?どこにケイン出てた!?って家族全員思った。
ciatrをフォロー: