フィフス・ウェイブ

フィフス・ウェイブ

作品情報

原題 The 5th Wave
製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年4月23日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

cojikの感想・評価
クロエちゃんに釣られて観たけどしょうもな過ぎて最後笑てもた
skr_icjの感想・評価
あれっ。これはある意味面白いじゃん...と思いながら観てたけれど、まさかの途中で終わってしまうパターンでした。続編無いともやもやのままだから困るよ。
宇宙人侵略、こんなにわかりやすかったり、やり返せるなら私でも勝てるじゃん...脅威が全く伝わってこないのががっかりでした。
HMworldtravellerの感想・評価
デルタ航空機内で鑑賞。
リック・ヤンシー原作のヤングアダルト小説の映画化作品。ある日突然現れた地球外生命体アザーズが地球侵略のため人類を段階的に攻撃し壊滅状態へと追いやる中、弟を探しつつ生き延びる主人公。

最近、この類の海外のヤングアダルト小説やラノベの映画化が増えている気がする。私も『ダイバージェント』『メイズランナー』などを観た。残念ながら いずれもどハマりするには至らず、粗さや辻褄の合わなさのほうが印象に残ったのだけど、それでもそれらの作品には惹かれる部分があった。ダイバージェントには設定のユニークさ、メイズランナーには逃げる彼らの切実さと 良くも悪くも不可思議な世界観で引っ張れている部分があった。が、本作は類似ジャンルの他作品と比べてもさっぱりノレず、クロエちゃんと彼女を助ける謎の青年エヴァンのイケメンぶりだけが印象に残る映画だった、、。

まず、アザーズがどこに潜んでいるのかあまりにもわかりやす過ぎで、観る者の探究心をくすぐるミステリアスな要素に欠ける。そして人類壊滅の危機にあるという設定の割に全く危機感が伝わってこない。更に、個人的にとどめを刺されたように感じたのが、XXXの正体。エ〜〜ッ、そ、それはないんじゃないのぉ? さすがにこれには苦笑いするしかなく地球侵略するならするで真面目にやろうよ!と言いたくなってしまった(^◇^;)

第5の波は、そこを徹底的にfocusし 誰がどう見...
ciatrをフォロー: