あこがれ

あこがれ

作品情報

原題 Les Mistons
製作年 1958年
日本劇場公開日 1958年11月6日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
トリュフォー初鑑賞にして処女作を鑑賞しました。ヌーヴェルヴァーグ期におけるゴダールとの双璧ですが、トリュフォーの方がかなり観やすい印象です。助かりました。
恋を知らぬ無垢な少年たちが素敵な女の人とその恋人にいたずらしちゃうお話。おそらくトリュフォーを形成する重要な要素が含まれていたんでしょうけど、残念ながらわかりません。ちょっと変わった映画だなあ、と思うくらいで具体的にはわかりません。ですが、トリュフォーを観ておくとシネフィルが喜ぶので勉強のために見ておいたほうがよいのかな。ハードルはめちゃ低いし、17分ちょっとの短い映画なのでぜひ。
yubinashiの感想・評価
わかるわ、この感じ。
oidyjfの感想・評価
トリュフォーの本格的短編処女作です。
ベルナデット・ラフォンの夫であるジェラール・ブランとは、確執があったようです。
僕が見たのは、高校生の頃だったと思いますが、男の子には誰にも覚えがある少年が年上女性に抱く憧憬、あこがれを短い短編の中で見事に演出していると思います。
木漏れ日の中を自転車をこぐベルナデット・ラフォンが、とても眩しかった。
トリュフォー・ファンを自認する僕の3つの指には、入るだろうくらい好きな作品です。
ベルナデット・ラフォンが、とても美しい。

YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=uTaZ2mrtoTo にあげました。
ciatrをフォロー: