X-MEN アポカリプス

X-MEN アポカリプス

作品情報

原題 X-Men: Apocalypse
製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年8月11日
製作国 アメリカ
上映時間 144分
ジャンル アクション>ヒーロー>アメコミ

あらすじ

紀元前3600年。エジプトのピラミッドで、「アポカリプス」として君臨する、 人類史上初のミュータント、エン・サバ・ヌールが、新たなミュータントの肉体へ転移しようとしていた。 しかし、反乱が起こりピラミッドは崩壊。アポカリプスは瓦礫の下で永い眠りにつくーー。 1983年。アポカリプスは目を覚まし、核兵器まで製造し堕落した人類に怒りを募らせる。 マグニートーら4人のミュータント“黙示録の四騎士”を集めたアポカリプスは、 強力なパワーで各国から核兵器を葬り、世界を滅ぼし再構築し始める。 不穏な動きを察知したプロフェッサーXも、その能力を狙ったアポカリプスに捕らわれてしまう。 最古最強の“神”アポカリプスを止める為には、X-MEN全員の力を集結させなければならない。 ミスティークを中心に若いミュータントたちは、かつてない戦いに挑むことになった。

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

Takezou_lifeの感想・評価
2017/01/14
southpumpkinの感想・評価
X-MENたちが古代より蘇りしこれまでで最も強い敵と戦います。前作で新たな時間軸が生成された上で前作の続きです。経過で言えばこの後に第一作目『X-MEN』となるのですが、直接『X-MEN』とは繋がらない。ちょっとこの辺りがややこしいところではあります。しかしそこが作品の奥深さにも繋がっている部分です。『X-MEN』旧三部作で登場するキャラクターの若かりし頃の姿はグッとくるものがあります。作品世界への没入は十分に可能でしょう。
しかしヒーローアクションのマンネリズムを打破できていません。結局これまでで一番強い敵が現れて、チームプレーでその敵を凌駕するおきまりのパターン。それ以上でも以下でもありません。大切なキャラクターであるマグニートーの悲しみを感じることができず、他の方のレビューにもあるように「また闇落ちかよ」となってしまいます。全ての兵器を奪い取る邪神、という設定はなかなか良いと思うのですが、結局メッセージは詰め込まれていない。X-MENシリーズの特徴でもあるマイノリティとの共存についてもそれほど言及はありません。X-MENファンは喜びますが、映画ファンは喜ばない、といったところでしょうか。
han_nm7の感想・評価
クイックシルバーかっこいい
ciatrをフォロー: