殿、利息でござる!

殿、利息でござる!

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年5月14日
製作国 日本
上映時間 129分
ジャンル ドラマ・恋愛>カルチャー>任侠・時代劇

あらすじ

金欠の仙台藩は百姓や町人へ容赦なく重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。さびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿で、町の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。千両=三億円の大金を水面下で集める前代未聞の頭脳戦が始まった。「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟”を自らに課しながら、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ町のため、人のため、私財を投げ打ち悲願に挑む!

新着感想・ネタバレ

kanimityの感想・評価
豪華なキャストで感動もできるいい話
toshibakuonの感想・評価
私利私欲にはしる者がいつの時代もいるけどそれでは世の中は必ず滅びてしまうと思う。阿部サダヲが主演だったのでコメディかと思ったら時代劇の苦しい宿場町の実話だった。「人は人を苦しめてはならぬ」の先代の教えは素晴らしいし良いことは引き継ぎ語り継ぐことは大切だ。一人一人が他人を思いやって行きていくっていいね。
s_p_n_minacoの感想・評価
家計簿とか料理とか、また実話を元にした地味な日常系時代劇。地方の貧しい宿場町が、お上に金を貸して利息を得ようと思いつく。1人ずつ順番に上の者を説得して資金調達してくことで、当時の細かい階級がわかりやすい。おかげで動きのない同じような金策場面が延々続くのだが。しかも、自己犠牲=美徳とどこまでも繰り返される。現代に通じる体制批判もあるにはあるのだけど、それへの答えはみんな一様に無私な自己犠牲。一発逆転の奇策なのに、そのモチベーションが善き心がけだけとは大人しい。まあ仙台藩はそうなのかもしれないけど…その頃、隣の南部藩は一揆してたぞ。
ciatrをフォロー: