映画 聲の形の感想・評価・ネタバレ

3.9
65
32

2016年9月17日公開 日本

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

WNarmageddonの感想・評価
いじめとかの話。
テーマがテーマなだけに具足でプールを泳ぐような息苦しさを感じたし、「いやだなぁ」って思いながら観てた。もしかしたら声出してたかもしれない。
maglmagの感想・評価
内容:
かなり好きでした。重々しい感じ、「死」について主人公がどれほど考えたかよく伝わる作品でした。いじめ、いじめられてきた友人が大人になってかっこよくなってたり、強くなっていることをよく見受けますが、人間関係についてよく考えられた作品だと思います。
主人公の直球な発言も的を得ていてすごくいいなぁと思いました。
聴覚障害のヒロインを強調させつつも、主人公の心の聴覚障害を取り除いていくという意味での「聲の形」という題名も素敵だと思いました。

映画としての演出など:
もう少し凝ってほしかったというのが第一印象。顔にバツマークはいただけないかなぁと思った。モザイクとかのっぺらぼうとかの方がよかったかなと。
絵は全体的に綺麗めだったけれど、映画館で見なくてもいいなと思った。
せっかく映画としてやるならもっと演出を凝ってほしいかなぁ。
あとは漫画をまだ読んでいないのですが、かなり駆け足感はあった。
iwawawawahの感想・評価
(なんでか誤まって消してしまったので再投稿。。)
友人にすすめられて映画館で。原作は未読。それぞれのキャラクターとその状況が嫌でも自分の経験と重なるので心がザワザワします。鑑賞直後はなんとも言えない気持ちに。
個人的には最近見たアニメーション映画の中だと君の名はより好き。
matsusatoの感想・評価
脇役たちいいし最後も後味悪くないからいいけど、あんまりいい気分では見れなかったね!
もう1回は見たくないかな☆
sykstの感想・評価
あぁこれもまた名作だなぁ…見終わったあとに残るモノがある。ザワザワして、どう形容したらいいのか、全然正しい言葉が見つからないんだけど、聞こえる世界にいるのに聞こえない・聞こえてない・聞こえないフリをする事なんてザラにある。でもきっと全部「キコエタ」方がいい。
The Whoから始まる映画はいいに決まってる。
sucre0020の感想・評価
面白かったけど映画なので内容が超薄くて
原作見てないと楽しめない
aw139の感想・評価
ミッドランドシネマ
やっぱり良い作品だな
京アニで良かったと思う
漫画また読みたくなった
Nana_Ogasawaraの感想・評価
漫画を読んで展開を知っていても混乱する。展開の早さと時間軸が行ったり来たりするから。漫画読んでない人はどこまで理解できたのか気になるところ。
いや、むしろ原作知ってるから混乱するのかな…おお、そのシーンここでぶっこむのか、とか色々驚いているうちに終わってしまった。
yusaichikuの感想・評価


原作のいい部分、大切な部分を
しっかりと表現していると思った。

間違いを起こすことは
人は誰しもあって、
汚い感情もあるし、
勝手に人を貶められるし、
勝手に自己完結しようともするし、
感情移入してしまって、
泣けて泣けて仕方なかった。

なんだろ、
あたしはちゃんと誰かに
気持ちを伝えたことがあるのかな
ぶつかったことがあるのかな
人とつながった事はあるのかな、
こうやって生きてていいのかな、
なんて、そんなことを漠然と思ってしまった。


ただ、
聴覚障害をもつ女の子を主人公にしてるのだから
しっかりと字幕上映を常に行うべきだし、
字幕上映が広まるきっかけくらいに
なってほしかったから、
それはすごく残念。

Kenta_Kawamuraの感想・評価
原作をソフトな感じにまとめていて、個人的には良かった。
Tatarstan_Tatarsの感想・評価
えいがかんにて
skr_icjの感想・評価
無邪気さがいつの間にか悪となり、気付けば取り返しがつかなくなってしまったこと、その重さに気付いてからが辛い。同じ思いをずっと抱えながら生きるべきか、謝って許して貰えば良いのか、それとも命を絶つべきなのか。ただ笑い合うことがどうして出来ないのだろう。人間のどす黒い気持ちのぶつかり合いに、逃げ出したい気持ちになってしまう。正解のない何ともヘビーな内容で参りそうになりつつもハッピーエンド。でもなぜか苦い気持ちがじわじわと残ってしまった。
Yuka_Onoの感想・評価
『聲の形』鑑賞。原作を読んでいないから的確な評価にはならないけども、ひさびさに鑑賞後もあとを引く良い映画を観た。個人的には君の名はよりもずっと良い。綺麗事とか建前に突っ込んで、目を背けたくなるものが詰め込まれてる。偽善、自己満、人間だったら持ってる嫌な部分を考えさせられる。単純な言葉や表現が映画の大半を占めるものの、表情や行動は繊細で複雑。一般受けはしないかもしれないけども「自分がこんなに楽しんで良いのだろうか」っていう心理を理解できる人なら高評価する作品だと思う。
wakamewattsの感想・評価
 少年マガジンコミック誌が原作のアニメ映画。中学6年生のあるクラスに転校してきた、梢子は聾唖者だった。耳が聞こえず、会話もできないため、ノートに文字を書いてコミュニケーションをとるしかなかった。やがて、クラスメイトの仲間たちや乱暴者の石田は梢子をいじめるようになる。梢子は転校して去ってしまったが、その後は、手の平を返すように、石田がクラスメイトからシカトされるようになる。石田の辛い学校生活が始まるのだ。(#16- 131)
Yukina_Aokiの感想・評価
主人公の将也の、相手を気遣って恐れながら話す感じがすごく良かった。特に硝子と話す時。
そして永束くんめっちゃ好きになったで!!!
絵コンテ・音楽共に綺麗。人生で初めて同じ映画を映画館で2度観た。
Ribeka_Izawaの感想・評価
過去の過ちを悔い改めて、友だちができた男の子の話。
chaso1203の感想・評価
映像的にはなんだか
映画というよりアニメレベル。
内容重め。
でも人間のドロドロな部分とか◎
私は結構すきな暗さ
domax1211の感想・評価
新宿ピカデリー@'16.09.25
furu02の感想・評価
漫画は全部読んだけど、わりと好きだったので映画も鑑賞~。漫画読んだのもずいぶん前だけど、いろいろ入り切らないエピソードがあった気がする。もっかい漫画読みたくなった。
Samurai1632の感想・評価
2016.09.20 新宿ピカデリー
YukiSatoの感想・評価
原作に忠実で、余計な脚色が少なくてよかった。しかし、「え、そこ削っちゃったんだ…」というところが多く、全体的に話が薄っぺら。石田の葛藤や西宮がなぜ自殺するまで思い詰めたのか、一人一人の背景など、やはり2時間の映画では限界があった。個人的には、みんなでの映画製作を削ったのが致命的だと感じた。
原作を読んでいない人に映画だけをみて聲の形の評価を決めないでほしい。
Ryosuke_Ohbaの感想・評価
京アニさすがです。よくあの原作を2時間でまとめました。私は泣きませんでしたが、近くの席では鼻をすすって泣いている人もおり、原作ファンでかつ京アニのファンという人は泣ける率が割と高いのではないかと思います。

ただ、原作未読の方にはちょっと説明不足な部分もあり、原作ファン向きの編集、アレンジにはなっていたと思います。まぁ、観に行くのはほぼほぼ原作ファンでしょうからこれが正解でしょう。無理に原作未読向けの編集をして中途半端になるより全然いいです。

アレンジされているかしょは複数ありましたが、中でも最高のアレンジは植野さんの「ばーか」でしょう。あれは素晴らしかったです。

好き嫌いは分かれるものの個人的には是非とも観ていただきたい作品なので、とりあえず本屋に行って原作全7巻を買っていただいて、2回くらい読んでから映画館に行っていただきたいと思います。