仁義の墓場

仁義の墓場

作品情報

製作年 1975年
日本劇場公開日 1975年2月15日
製作国 日本
上映時間 94分

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
渡哲也演じる荒くれヤクザ石川力夫が親分・兄分を殺し、組織や警察から追われ孤立。寂しさを紛らわすが如く彼は薬を打ちますが、事態は悪化の一途を辿ります。
彼の墓に「仁義」という二文字が刻まれているシーンで映画は終わります。彼が仁義であったか、が映画の見所。確かに身内を殺す非道ではありましたが、彼にはむしろ仁義がありました。組織>仁義に石川は嘆いたとのことでしょうか。
監督は深作欣二、主演渡哲也に梅宮辰夫、安藤昇、田中邦衛まで登場。多岐川裕美も可愛いし、東映なのに芹明香も…!超豪華です。
本作は芹明香主演の『(秘)色情めす市場』にインスパイアされているそうで、先に観ておけばよかったと後悔。
ciatrをフォロー: