ぼくのおじさん



ぼくのおじさん

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年11月3日
製作国 日本
上映時間 110分

あらすじ

担任のみのり先生(戸田恵梨香)から、学校の作文コンクールの宿題を課せられた小学生のぼく=春山雪男(大西利空)。「自分のまわりにいる大人について」というのがテーマ。 公務員の父(宮藤官九郎)と専業主婦の母(寺島しのぶ)では面白いものが書けそうにない。 居候しているぼくの“おじさん”(松田龍平)は大学の非常勤講師。哲学を週に一コマ教えているだけで、いつも万年床でゴロゴロして、ニャム(うちのネコ)よりも働かない。おまけに超貧乏でケチ、ドジで運動神経もゼロ。いつもくだらないイタズラをしてはぼくや妹よりもお母さんに叱られて、お説教をされても反省するどころか屁理屈ばかりこねている。雪男は、そんなおじさんを題材に『ぼくのおじさん』という作文を書くことにする。 そんなある日、おじさんにお見合い話が持ち上がった。苦手な智子おばさん(キムラ緑子)からの紹介で乗り気でないおじさんだったが、目の前に現れたのはハワイの日系4世で絶世の美女・稲葉エリー(真木よう子)。雪男の心配をよそにおじさんはエリーに一目惚れ!だが、エリーは祖母が経営するコーヒー農園を継ぐためにハワイへ帰ってしまう。エリーに会いたい一心で、あの手、この手を駆使してハワイへ行く策を練るおじさんだが、ことごとく失敗で落ち込むばかり。 ・・・だがある日、奇跡が訪れ、ハワイに行けることに!おじさんと雪男はエリーを追いかけてハワイへ行くが、そこになぜか和菓子屋の御曹司、青木(戸次重幸)もやってきた!どうなるおじさんの恋?

新着感想・ネタバレ

sabiinuの感想・評価
2016/12/01 春日井コロナシネマワールド
yusaichikuの感想・評価


ゆるーい、ぼーっと見れる映画。

チラシでは
寅さんみたい、って書いてあったけど
そういうのではない気がする。
なんか、人が生きてくってことについて
ふと考えるような、
そういう台詞とかがあったらいいのになぁ
なんて思ったり。

でも、可愛くてくすってなる映画でした。

wakamewattsの感想・評価
小学生の兄妹がいる普通の4人家族の家に、父の弟が居候している。哲学 を専攻して、たった週一回の一時限だけ受け持っている臨時の大学講師。小学生の僕は、家族をテーマにした作文の宿題に、ぼくのおじさんという題でこの駄目おじさんを書いた。ヒマで金もないおじさんのグウタラ生活模様を描いたのだ。このおじさんに見合いの話が持ち上がったから大変。(#16-151)
ciatrをフォロー: