サイレンス (2016)

サイレンス (2016)

作品情報

原題 HUSH
製作年 2016年
製作国 アメリカ
上映時間 81分

新着感想・ネタバレ

theskinheadsの感想・評価
ソリッドシチュエーションが好き、サスペンスも好き、だけどこの映画は少々がっかりだった。素材は良いのにもったいない。
耳が聞こえない小説家の家に殺人鬼が忍び寄る。ただそれだけのストーリーなんだけど、だからこそいろんなアイデアが出てくるだろう。でも結局普通にサスペンスが進む。耳聞こえないというハンデもあまり感じさせない。
何よりも殺人鬼のツッコミどころが多い。マスク取るならしてた意味がわからないし、殺しを繰り返す理由もしょぼい。そして弱い。殺したいのか殺したくないのかよく分からない行動を繰り返す。じっくり楽しんで殺す猟奇的な殺人鬼かと思ったら、主人公が家から出てきたらすぐ殺しに行こうとする。伏線も「これが後々効いて来るんだろうな〜」という部分が拾われるけどやっぱりツッコミどころが多かったり。低予算という点は評価になんの影響も与えないけど、設定だけ奇抜で中身は映画好きが作ったレベル。
s_p_n_minacoの感想・評価
聴こえないヒロインVS殺人鬼。舞台は森の中の一軒家限定、手話以外の台詞はごく僅か。マスク姿でアポなしに殺しにくる殺人鬼の正体や動機も特になし。『暗くなるまで待って』風に、ヒロインのハンディキャップを映画的にどう活かすかが見せ場なんだが…期待したほど音は重要じゃなかった。まあタイマンバトルはそれなりに退屈しないのだけど、そもそも自宅なんだからヒロイン有利な訳で。
ただいま絶賛お気に入り中ジョン・ギャラガーJr.の殺人鬼は弱っちい。何せ、マスク外すとワルっぽい刺青しただけの普通の兄ちゃんだ。無計画すぎるしボウガンはあっさり奪われちゃうし、襲った相手に襲われてるし。ハンディのあるヒロインに互角以下なんで、しっかりしろ殺人鬼!と応援したくなるほど。確かにあのつぶらな眼の奥には闇がありそうだし、珍しく刈り上げた短髪が新鮮だけど、何でこの役受けたの…。
ciatrをフォロー: