転校生

転校生

1982年製作 日本 112分 1982年4月17日上映
rating 3.6 3.6
14 6

『転校生』とは

広島県尾道市を舞台に、男女が入れ替わってしまった束の間の日常を描いたSF作品である。監督は『時をかける少女』の大林信彦。大林は尾道出身であり、この作品は『時をかける少女』、『さびしんぼう』の尾道三部作の最初の作品となる。原作は山中恒の『おれがあいつであいつがおれで』という児童文学である。 この作品が文庫化された際には、大林があとがきを寄せている。出演は尾身としのりと小林聡美。二人は第6回日本アカデミー賞において、ともに新人俳優賞を受賞した。1982年4月17日公開。

『転校生』のあらすじ

8ミリカメラが大好きなごく普通の中学生・斉藤一夫のクラスに、ある日可愛らしい少女斉藤一美が転校してきた。一夫に気付いて大喜びする一美、二人は幼稚園が同じ幼馴染だったのだ。だが、一夫は昔一美にバツの悪いところをたくさん見られているのであまり面白くない様子。 自分に付きまとう一美に向けて空き缶を蹴ったところ、一美が驚いて神社の石段を踏み外してしまう。一夫は助けようとするが、二人とも石段を転げ落ちてしまいしばらくたって目を覚ますと二人の体が入れ替わってしまっていることに気付く。そして周囲の人々も二人の変化に戸惑うのだった。

『転校生』のスタッフ・キャスト

『転校生』の感想・評価・ネタバレ

『転校生』に関連する作品