ヴィオレット ある作家の肖像

Violette
2013年 フランス・ベルギー 139分
rating 0 -
0 5

「ヴィオレット ある作家の肖像」のあらすじ

1907年、私生児として生まれたヴィオレットは、『第二の性』などを著したことで知られる、ボーヴォワールと出会い、才能を認められ、戦後間もない1946年に処女作「窒息」を出版。女性として初めて、自分自身の生と性を赤裸々に書き、カミュ、サルトル、ジュネら錚々たる作家に絶賛されたものの、当時の社会には受け入れらなかった。傷ついたヴィオレットは、パリを離れて南仏に移り、そこで自身の集大成ともいえる新作「私生児」の執筆にとりかかる。

「ヴィオレット ある作家の肖像」のスタッフ・キャスト