2019年5月7日更新

イケメン悪魔vs.悪徳刑事!事件を解決するのはどっちだ?

ルシファー
© Warner Bros. Entertainment Inc.

イケメン悪魔と悪徳刑事が事件を解決しちゃう!?そんな全ドラマファン必見の作品、『ルシファー』と『シカゴP.D.』が全国無料のBSテレビ局Dlife(ディーライフ)で5月から放送開始。本記事ではその魅力に迫ります!

目次

イケメン悪魔と悪徳刑事、どっちが事件を解決する?

ルシファー シカゴPD
© Warner Bros. Entertainment Inc. © 2013 Universal Television LLC. All Rights Reserved.

物語の中に限らず、この世の中で生じた事件は色々な人に解決される運命にあります。殺人事件であれば、警察が。浮気の疑いは、探偵が。しかしながら、必ずしも善い人だけが事件を解決するわけではありません。 本記事で紹介する海外ドラマで事件を解決するのは、フェロモンむんむんの金持ちイケメン悪魔と事件を解決するのに手段は選ばない悪徳刑事! 一見悪そうな(というか悪い)肩書きを持つ2人がどのように事件を解決していくのか?彼らを比較しながら、その魅力を徹底的に解説していきます!

『ルシファー』の主人公、イケメン悪魔のルシファー・モーニングスター

ルシファー_画像
© Warner Bros. Entertainment Inc.

1人目の事件を解決する人(?)は、人々を罰することに退屈し、人間世界にやってきた地獄の王・ルシファー。 堕天使である彼は、ロサンゼルスでナイトクラブを経営し始めます。店は繁盛し、彼はよく女の子の相談に乗ってやっていましたが、ある日気にかけていたうちの一人が射殺されてしまいます。 その死を憂いた彼は、彼女を殺した犯人に罰を与えようと犯人探しを始め、美人刑事のクロエと出会います。一般人にしては情報通な彼を怪しむクロエでしたが、自分も警察の中でのけものだった事もあり、彼と打ち解けてパートナーになり、二人はいくつもの事件を解決していくことにーー。

とにかく色気がムンムン!飄々とする姿がセクシーすぎて全女性が虜に

ルシファー
© Warner Bros. Entertainment Inc.

まず、ルシファーの最大の特徴は、その佇まいから漂う色気! 漆黒のオープンカーを乗り回し、黒いスーツをシックに着こなす立ち姿。ニヒルな笑みを浮かべながら、常に飄々としている雰囲気もかっこいい。そもそも、クラブのオーナーで経済的にも裕福で、顔面偏差値も高いとなると女性が放っておきません。それに加え、悪魔の人並み外れたフェロモンが出会う全ての女性をメロメロにしてしまいます。 しかし、彼のパートナーとなる美人刑事のクロエには彼の特殊能力もフェロモンも効かないため、ルシファーは彼女に興味を抱くようになるのです。

目を見て質問するだけで本音を吐かせる!誘導尋問の天才

ルシファー
© Warner Bros. Entertainment Inc.

しかし、女性だけでなく男性も手の内で転がすのがルシファーの強いところ。悪魔の彼は、相手の目を見て質問するだけで「人間が本当に求めている心の底に隠された真相」を、引き出すことができるのです。この能力を駆使したり、時には素顔(悪魔の顔)を見せて脅すなどして、犯人や重要参考人から情報を得るのです。 加えて、彼は“不死身”。逆上した犯人から発砲を受けても、ピンピンとしています。それだけでなく、打たれた人間が即死でない限り、命を助けることもできるのです。まさに、刑事のパートナーとしては最強の人材ですね!

女性に死ぬほど優しい!人助けを厭わない、実は普通に良い人な悪魔

ルシファー_画像
© Warner Bros. Entertainment Inc.

女性が虜になってしまうルシファーですが、そもそも彼自身大の女好き。そのため、女性に対してはとても優しく、親身になって人生相談に乗ったり、自分の能力を使ってキャリアを応援することも。しかし、いわゆる悪魔の取引の代償となる「魂」をもらうことはなく、単なる好意でやっているのです。 一方で、嘘つきが嫌い。なにせ元々天使だったルシファーは、人助けを自然にしてしまうのでしょう。被害者が女性じゃない場合でも、正しい行いをしたい気持ちと単なる好奇心で犯人を探すルシファーは、悪魔なのにまさに正義の味方なのです!

『シカゴP.D.』主人公、アウトローな悪徳刑事ハンク・ボイト

シカゴを舞台に、街を守る人々の様子を描くクロスオーバードラマが存在するのをご存知でしょうか。 第1弾『シカゴ・ファイア』は、レスキューアクション。第2弾のクライム・サスペンス『シカゴP.D.』。これらの作品はドラマの枠を超えてキャラクターたちが行き来するのが特徴です。

目的遂行のためには手段を厭わない。刑務所帰りのダークヒーロー

シカゴPD
© 2013 Universal Television LLC. All Rights Reserved.

さて、そんなシリーズの中で一際どす黒い魅力を放つ『シカゴP.D.』の主人公である悪徳刑事のハンク・ボイト。彼は、『シカゴ・ファイア』のエピソード「信念」で初登場し、息子の飲酒運転による事故を隠蔽するという最悪な刑事。事故に遭った相手は生死を彷徨う大重体になったにも関わらず、彼は現場確認をした分署の消防士を脅すのです。 最終的に、ボイトはこの一連の出来事を受けて刑務所に入ることになります。しかし、早期出所しただけでなく、突然シカゴ警察21分署特捜班のリーダーに就任することに。 さらには、普段の犯人逮捕の方法も手荒な真似は日常茶飯事。街にはびこるギャングを自由自在に(?)操る力も持っており、まさに事件解決のために手段を問わない最凶のダークヒーローな訳です。

子供の味方!部下からも信頼されるリーダー

シカゴPD
© 2013 Universal Television LLC. All Rights Reserved.

しかし、ボイトは弱きもの、特に子供の味方でいる一面も持っています。先述の事故を起こした自分の息子、問題児ジャスティンのことを見捨てません。そして、凶悪事件に子供が巻き込まれた時は普段より彼の「許さないゲージ」が高まります。 さらに、目的のために手段を選ばない点では、模倣的な上司ではないかもしれませんが、実は人を見ることにおいては長けています。頑張っている部下の努力は、しっかりと見て評価する。逆に、ズルをするやつの事もすぐ見抜きます。危険な現場に部下だけで行かせずに、自分も同行するところも含めて、実はかなり良い上司なんです! 迅速な判断ができる統率力の取れたリーダー。そんなボイトは、課の部下からも信頼されている存在です。

生まれ育ったシカゴの街を守ることに命を捧げる漢の中の漢

シカゴP.D.シーズン1_画像
© 2013 Universal Television LLC. All Rights Reserved.

何より、この男がどんな汚い手を使ってでも守り抜こうとするのは、シカゴの街そのもの。生まれ育ったこの街に住む人々を危険に晒す、全ての脅威を根絶することに全力を注ぐ姿は、まさに漢の中の漢です。 必要とあれば別の部署や信頼する仲間と密にコミュニケーションをとって、犯罪者を捕まえる姿勢は完全な正義。「この街は野蛮人の居住地だそうだ。なら、仕切るのはこの俺だ!」こんな名言を吐くボイトは、評価されるべき最高の刑事なのです。

犯罪者には容赦なく残忍、女子供に優しいヒーローの活躍を見逃すな!

シカゴP.D.シーズン1_画像
© 2013 Universal Television LLC. All Rights Reserved.

結果、両者とも事件を迅速に解決に導き、自分の持つチートに近い特殊能力を使って違うスタイルで正義を貫いていました。また、共通項としてとにかく犯罪者には容赦なく、女子供に優しい一面がありますね。 さてこの『ルシファー』と『シカゴP.D.』は、なんとどちらも全国無料のBSテレビ局・Dlifeで5月から放送開始されます!! 1話を観たらがっつりハマってしまうこと間違いなしなこの2作品、ぜひDlifeでチェックしてくださいね。

『シカゴP.D.』 シーズン1 放送日時:5/8(水)21:00スタート 全15話 吹替版...毎週水曜21:00~22:00 字幕版...5/14スタート、毎週火曜25:00~26:00 『LUCIFER/ルシファー』 シーズン1 放送日時:5/20(月)21:00スタート 全13話 吹替版...毎週月曜21:00~21:57 ほか 字幕版...5/24スタート、毎週金曜24:00~25:00

提供:Dlife(ディーライフ)