2020年10月15日更新

配信数36作品!?今1番とがってるVOD、ザ・シネマメンバーズとは【配信系ミニシアター】

「海辺のポーリーヌ」タイアップ記事
「海辺のポーリーヌ」©1983 LES FILMS DU LOSANGE-LA C.E.R.

ミニシアターや単館系作品中心に配信し、観たいのに観られなかった映画に出会える定額制のVOD(動画配信サービス)、ザ・シネマメンバーズ。配信数は少ないけれど、悩める映画マニアをきっと救ってくれる今1番尖ってるサービスの特徴や魅力を解説します!

目次

VOD戦国時代に尖りまくった切り口で異彩を放つザ・シネマメンバーズを紹介

インターネット環境があれば、誰でも映画やドラマ、アニメーションを見放題で視聴できる定額制の動画配信サービス、別名:VOD(ビデオ・オン・デマンド)。近年、多種多様なサービスが乱立し、まるで戦国時代のようになっています。 ciatr読者にもVODを利用している人は多いと思いますが、みなさん、意外な落とし穴にハマった経験はありませんか? 配信中の無数の作品群に埋もれて目的の映画に出会えなかったり、観る作品を選べなくて時間だけが過ぎたり……。そんな悩みを抱える映画好きの救世主が、とがりまくった切り口でVOD業界に一石を投じる「ザ・シネマメンバーズ」です。 この記事では、ザ・シネマメンバーズを実際に使用してみた筆者が、サービスの特徴を解説。魅力から気になる登録方法まで、あますことなくお届けします。

映画作品に一途すぎるサービス、ザ・シネマメンバーズとは

ザ・シネマメンバーズとは、映画が本当に好きな人のための、ミニシアターや単館系作品を中心に毎月作品が入れかわる配信サービスです。 また、配信される映画に応じて毎月魅力的な特集やコラムも掲載され、作品の魅力が掘り下げられています。映画を10000倍楽しむのに役立つコンテンツしかない、真の映画好きのためのサービスなのです!

選択肢が超少ない!?でも映画愛溢れる、厳選の良作ばかり

飛行士の妻 タイアップ記事
「飛行士の妻」©1981 LES FILMS DU LOSANGE.

本サービス最大のポイントは、配信作品数やジャンルの多さを求めるVOD業界の流れに逆らい、洋画一筋(しかもミニシアター系)で、2020年10月現在配信数が36作品ということ! 選択肢は超少ないですが、絶大な人気を誇りながら日本では視聴機会が限定されるエリック・ロメール監督をはじめ、マニアックな監督やテーマにスポットを当てて配信してきました。強い信念とこだわりを持って、作品を届けています。 映画マニアの多くは、観たい映画があるのに、観る方法がなくてガッカリという経験をしたことがあるのではないでしょうか。例えば、リバイバル上映や地上波の再放送がなければ、動画配信サービスやレンタルのラインナップにもないし、DVD化の予定もないなど。 そんな良作と出会う可能性がある、最後の希望と言えるのがザ・シネマメンバーズ。映画愛溢れる社員が厳選した、マニアも納得のラインナップです。

映画好きによる映画好きのためのラインナップ

ではここから、その厳選されたラインナップを紹介しましょう。 2020年4月からは、恋愛やバカンス映画の名手と称される「恋愛喜劇の巨匠」こと、エリック・ロメール監督の特集がスタート。代表作「喜劇と格言劇」シリーズ6作品を中心に、2020年に生誕100周年を迎えた巨匠の9作品を、日本初となるHDリマスター版で配信しています。 7月からは台湾の孤高の映画作家ツァイ・ミンリャンをはじめ、エドワード・ヤンやチェン・ユーシュンまでを網羅した台湾青春映画を特集。 9月から10月の間には、新たなミューズ、女優キム・ミニとの関係も話題のホン・サンス監督を特集。作風の変遷を辿るように、「キム・ミニ以前/キム・ミニ以後」に分けた8作品を順次配信中です。ザ・シネマメンバーズでは「韓国のエリック・ロメール!?」と銘打ち、作風や演出の共通点からよく引き合いに出されるロメールと本当に似ているのか、とユーザーに問いかけます。 実際に使ってみるとやはり配信数の少なさに驚きましたが、映画好きにとっては間違いない作品ばかりで、観る作品に迷うことがありませんでした。ただ映画を配信するのではなく、特集形式でその楽しみ方まで提案してくれるのはさすがですね。

好きな時に好きな場所で、ここにしかない配信系ミニシアターを実現

次の朝は他人 タイアップ記事
「次の朝は他人」© 2011 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

ミニシアターの内装やラインナップには、支配人やスタッフの趣向が強く反映されており、劇場ごとに全く違う雰囲気を醸しています。アート性の高い映画、ドキュメンタリー色の強い映画など、それぞれの好みによって行きつけの劇場があるかもしれません。 現在も東京を中心にミニシアターが存在していますが、1つしかないスクリーンに、厳選されたこだわりの映画が映し出される。そんなミニシアターの世界観を、インターネット上で体験できるのがザ・シネマメンバーズです。新型コロナウィルスの影響で、外出にナイーブになってしまっている人にも嬉しいポイントですね。 特集のイントロダクションとなるコラムを楽しみ、映画本編を心ゆくまで何度も味わえる。好きな時に好きな場所で、自分だけの“配信系ミニシアター”が実現するのです。

会員登録は簡単2ステップで完了!無料会員用コンテンテンツも

ザ・シネマメンバーズは、月額500円(税別)で配信作品が見放題!登録に必要なものはメールアドレスと本人名義のクレジットカード情報のみ。対応デバイスはスマートフォン/タブレット、PC、FireTV、Chromecastなどで、いつでもどこでも視聴可能です。 どのデバイスで利用する場合も、以下のたった2ステップで登録ができます。 ①ザ・シネマメンバーズ公式サイトで会員登録 ②(PC以外のデバイスを使用する場合)専用アプリ「ザ・シネマメンバーズ」をダウンロード ダウンロード機能があるので、オフライン時の視聴にも対応しています。こちらのダウンロード再生はiOS/Androidアプリのみの機能で、一部作品はダウンロードに対応していないため、事前に確認してくださいね。

11月は「ダルデンヌ兄弟とイオセリアーニ」特集!ザ・シネマメンバーズで楽しもう

イゴールの約束 タイアップ記事用
「イゴールの約束」©Les Films du Fleuve

これまで、ザ・シネマメンバーズのとがりっぷりを紹介してきましたが、サービスの魅力や筆者の驚きと感動は伝わったでしょうか? 11月はドキュメンタリー出身のダルデンヌ兄弟を取り上げ、世界から絶賛された長編第3作目『イゴールの約束』、パルム・ドール受賞作『ロゼッタ』を配信。表現の自由を求めてフランスに渡り、その地で巨匠となったオタール・イオセリアーニ監督の半自伝的ドラマ『汽車はふたたび故郷へ』など、見逃せない映画の配信が続きます。 ぜひ秋の夜長のお供にして、ザ・シネマメンバーズの世界に浸ってみてください。好きな時に好きな場所で、ここにしかない配信系ミニシアターを楽しみましょう!

提供:株式会社ザ・シネマ