2021年3月8日更新

ディズニーが放つ新たなスーパーヒーローはリス?!子どもから大人まで楽しめるコメディ・アドベンチャー

『フローラとユリシーズ』
©︎ 2021 Disney

ベストセラー人気児童文学を実写映画化した『フローラとユリシーズ』が、2月26日からディズニープラスで独占配信中!スーパーヒーローになったリスと少女の冒険を描く本作のあらすじから、魅力・見どころを紹介しましょう。

目次

人気児童文学を映画化『フローラとユリシーズ』は楽しいファミリー向けコメディ・アドベンチャー!

2月26日からディズニープラスで独占配信中の新作『フローラとユリシーズ』。本作は、アメリカ児童文学の最高峰であるニューベリー賞を受賞したベストセラー児童文学『空飛ぶリスとひねくれ屋のフローラ』をもとにした、ディズニープラスオリジナル映画です。 今回は、スーパーヒーローになったリスと少女の冒険を描く本作のレビューをお届け!『フローラとユリシーズ』の魅力や見どころをたっぷりお伝えしましょう。

ひねくれ少女と一匹のスーパーヒーローの大冒険!【あらすじ】

『フローラとユリシーズ』
©︎ 2021 Disney

主人公のフローラは、コミック作家の父の影響でコミックが大好き。しかし両親は離婚の危機にあり、「ピンチを救ってくれるスーパーヒーローは、現実には存在しない」とクールに現実を受け入れていました。そんなひねくれ屋の彼女はあるとき、誤って掃除機に吸い込まれてしまったリスの命を助けます。 どうやらそのリスは、掃除機に吸い込まれたことがきっかけでスーパーパワーを持ってしまったようなのです。 どんなヒーローにもそれぞれが持つパワーと使命があると信じるフローラは、リスをユリシーズと名付けスーパーヒーローとしての使命を探すことにします。しかしふたりは行く先々で周りの人を巻き込み、大騒動を起こしていきます。そしてユリシーズは、動物管理局に狙われることになってしまい……。 はたしてフローラは、無事にユリシーズの使命を見つけることができるのでしょうか。

ユリシーズとの冒険でフローラが取り戻した「信じる心」の大切さ

『フローラとユリシーズ』
©︎ 2021 Disney

ユリシーズのスーパーヒーローとしての使命を見つけるために、相棒として行動をともにするフローラ。彼女は数々の困難のなかでもユリシーズのパワーを信じ、スーパーヒーローであると信じて行動します。 ひねくれ屋だった彼女は、その信念を持ってユリシーズとの冒険をつづけるうちに、現実のなかにも希望を見つけ変わっていきます。「信じる心の大切さ」というメッセージは、本作の大きな魅力のひとつです。 またフローラを演じたマチルダ・ローラーは、この役をとても気に入っているようす。彼女はインタビューで次のように語りました。 「フローラはコントロールするのが大好きなの。彼女は自分がなにをやっているかわかっている。ほかの映画では男の子がそういうことをやるのはよくあるけど、この映画では、女の子が主導権を握るところを見られるの。それは素晴らしいわ。」 主体的に行動する現代的な女の子像を描いているところも、本作の魅力ですね。

CGの動物たちとキャストの演技の融合がすごい!

『フローラとユリシーズ』
©︎ 2021 Disney

本作では、ユリシーズをはじめとする動物たちはCGで表現されています。フローラを演じたマチルダ・ローラーは、撮影の際はなにもないところにユリシーズがいるようなふりをしなければいけなかったことが大変だったと語っています。ときには、ぬいぐるみを使って撮影することもあったとか。 「ときどき、灰色のぬいぐるみをユリシーズに見立てて演技をしたの。そういうものと絆を持つのは難しかったわ。」 CGの動物とキャストの共演で特に目を引くのが、動物管理局の職員ミラーと猫のミスター・クラウスの格闘シーンです。実際には彼1人で演技していたとは信じられないくらい、ミラーを演じるダニー・プディの身体の動きはコミカルで真に迫ったものになっています。 このシーンについて彼とスタッフは試行錯誤を重ねたようです。プディはインタビューで「最終的に僕たちは、猫に襲われているかのように見える方法を見つけた。でも、すべては自分の頭の中にあったんだ。実際、僕は人生で、数匹の動物たちに襲われたことがある。だから、それを演技の準備として使った。」と語りました。 ぜひこのシーンを本編でチェックしてみてください!

大ヒット映画のオマージュ満載!あのヒーロー映画の名台詞も?

『フローラとユリシーズ』
©︎ 2021 Disney

『フローラとユリシーズ』には大ヒット映画やキャラクターへのオマージュが数多く散りばめられています。 ユリシーズが自転車の前カゴに乗っているシーンは『E.T.』、フローラの部屋の飾りに逆さまにぶら下がっているシーンは「スパイダーマン」、そして『ミッション・インポッシブル』など。さらに、とあるシーンでフローラは『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのトニー・スタークの娘モーガンの名台詞、「3000回愛してる(I love you 3000.)」を言っています。 それらのオマージュを見つけるのも本作の楽しみのひとつになるでしょう。またコミック店などのセットには、キャストの過去の出演作にまつわるマニアックなイースターエッグも隠されているので、ぜひ探してみてください。

子どもも大人も楽しめる『フローラとユリシーズ』はディズニープラスで独占配信中!

『フローラとユリシーズ』
©︎ 2021 Disney

ひねくれ屋の少女が、スーパーパワーを持ったリスとの大冒険で変わっていく『フローラとユリシーズ』は、子どもも大人も楽しめるコメディ・アドベンチャーです。数多くの映画へのオマージュが散りばめられた本作は、そのメッセージや動物たちとキャストの共演など魅力満載! 冒険を通してフローラが成長していく姿、かわいいユリシーズの活躍をぜひ楽しんでください! 『フローラとユリシーズ』はディズニープラスで独占配信中です。

提供:ディズニープラス