2021年7月2日更新

マイクとサリーが経営者に!?『モンスターズ・インク』のその後を描く『モンスターズ・ワーク』が7/9から配信開始

『モンスターズ・ワーク』キービジュアル
© 2021 Disney

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて、ディズニープラス オリジナル アニメーション シリーズ『モンスターズ・ワーク』が7月9日から配信されます。『モンスターズ・インク』の後日談となる新作を楽しむために、これまでのシリーズをおさらいしていきましょう!

目次

『モンスターズ・インク』後日談を描く『モンスターズ・ワーク』が配信開始!その前にシリーズ全作おさらいしませんか?

2001年、マイクとサリーという大人気キャラクターを生み出し、モンスターの世界での人間の女の子との冒険を描いた映画『モンスターズ・インク』。 そして2013年には映画『モンスターズ・ユニバーシティ』が公開され、『モンスターズ・インク』の前日譚としてマイクとサリーの学生時代のエピソードが明らかになりました。 そして、2021年7月9日に配信開始の、ディズニープラス オリジナル アニメーション シリーズ『モンスターズ・ワーク』では映画1作目のその翌日から物語が始まります。悲鳴ではなく笑い声を集めてエネルギーを作り出す会社に変わったモンスターズ・インクでは、どんな新たな物語がくり広げられるのでしょうか。 まずはこれまでの「モンスターズ・インク」シリーズをおさらい!マイクとサリーのこれまでを振り返って、新シリーズを楽しむ準備をしましょう。

全てはここから!最新作にもつながる第1作目『モンスターズ・インク』は笑って泣ける名作

『モンスターズ・インク』
© 2021 Disney/Pixar

2001年に公開されたピクサーのアニメーション映画『モンスターズ・インク』。人間の子どもの悲鳴から電力を作っているモンスターの世界の会社、モンスターズ・インクを舞台にした物語です。 “怖がらせ屋”としてトップの成績を誇るサリーと、その相棒で親友のマイク。彼らは、あるとき間違って人間の子どもブーをモンスターの世界に入れてしまいます。2人はなんとか彼女を人間の世界に帰そうとしますが、実は「モンスターズ・インク」では恐ろしい陰謀が動き始めていました。 マイク、サリー、ブーのそれぞれのかわいさはもちろん、大人でも楽しめる「お仕事映画」であることも本作の魅力の一つ。公開当時は子どもだったファンも、今となっては社会人。大人になって見返すことで、昔とはまた違った共感もあるかもしれませんね。 本作ではマイクとサリーの活躍で、子どもの悲鳴よりも笑い声のほうが大きなエネルギーを生み出すことが明らかになり、これが新作『モンスターズ・ワーク』の物語へとつながっていきます。

実は仲が悪かった!?マイクとサリーの学生時代を描く前日譚『モンスターズ・ユニバーシティ』

『モンスターズ・ユニバーシティ』
© 2021 Disney/Pixar

2013年に公開された『モンスターズ・ユニバーシティ』では、マイクとサリーの学生時代が描かれました。 名門“怖がらせ屋”一家出身のサリーは、立派な“怖がらせ屋”を育成することを目的とした大学の人気者でした。一方のマイクは“怖がらせ屋”を目指しながらも、その見た目から子どもを怖がらせることは苦手。それでも大企業モンスターズ・インクへの入社を目指して努力を惜しみません。 最初は仲の悪かった2人でしたが、ともに退学寸前に追い込まれたことで協力して「怖がらせ大会」での優勝を目指すことになります。この練習を通して、友情を育んでいくマイクとサリー。2人が唯一無二の親友になっていく様子が描かれました。 『モンスターズ・インク』のラストで“笑わせ屋”として活躍することになるマイクの底抜けに明るい性格や人を笑わせる才能は、この時代から発揮されていたことがわかります。『モンスターズ・ワーク』では、マイクは若きモンスターたちが立派な“笑わせ屋”になれるよう指導するようです。

スピンオフも見逃せない!『モンスターズ・インク』シリーズの“楽しさ”が詰まった短編作品

「モンスターズ・インク」シリーズには、マイクやサリーの魅力たっぷりの短編作品もあります。 マイクが買った新車とそれをめぐるドタバタを描いた『マイクとサリーの新車でGO!』(2002年)や、2人が学生時代にやったとんでもないパーティの様子がわかる『モンスターズ・パーティ』(2013年)など、キャラクターの魅力満載の短編作品も、シリーズの楽しさがつまっています。 こちらの2作もディズニープラスで視聴できますので、まだ観たことがない人はぜひ観てみてください!

最新作のオリジナル アニメーション シリーズ『モンスターズ・ワーク』では、“笑わせ屋”が大活躍!?

『モンスターズ・ワーク』キービジュアル
© 2021 Disney

『モンスターズ・ワーク』は『モンスターズ・インク』の直後、マイクとサリーが会社の経営者になるところからストーリーがはじまります。新しい「モンスターズ・インク」は人間の子どもの悲鳴ではなく、笑い声を集めて電力を作る会社になりました。 ところがそこに、“怖がらせ屋”志望のモンスター、タイラーが入社してきます。もはや“怖がらせ屋”はいらないと知ったタイラーはがっかりしながらも、モンスターズ・インク・ファシリティ・チーム(MIFT)に配属されることに。そこは会社の設備や機械の整備をする部署でした。MIFTのほかのメンバーたちは、ちょっとおかしなモンスターばかり。 「子供を笑わせないといけない」そんな焦りからタイラーは大失敗してしまいます。“笑わせ屋”は向いていないと去ろうとするタイラーですが、マイクとサリーは彼に声をかけ、タイラーはマイクの指導のもと一流の“笑わせ屋”を目指すことに。 新キャラクターはもちろん、マイクやサリー、ロズといったおなじみのモンスターたちも活躍する楽しいシリーズになりそうです!

『モンスターズ・ワーク』は7月9日から配信開始!この夏はディズニープラスで、『モンスターズ・インク』シリーズ一気見だ

『モンスターズ・インク』のその後の物語が描かれる『モンスターズ・ワーク』。シリーズ初のアニメーション シリーズということで、映画よりも長い時間をかけてそれぞれのキャラクターの魅力が描かれそうですね! 悲鳴ではなく、笑いを集めてエネルギーを生み出す会社へと生まれ変わった「モンスターズ・インク」を舞台に、個性豊かなモンスターたちがくり広げる新たな物語に期待が高まります。 『モンスターズ・ワーク』は7月9日からディズニープラスで独占配信開始です! 提供:ディズニープラス