追想(1956)

追想(1956)

作品情報

原題 Anastasia
日本劇場公開日 1955年11月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

hitomisnotebookの感想・評価
戯曲の域を出ていないがハリウッドがハリウッドらしい時代の絢爛華美な映画 イングリッド・バーグマンが美しい 彼女の気品のある美しさの上に成り立っている映画 この時にはもう40歳を超え私生活では色々あったみたいだけど美しい ラストのハッピーエンドもいいね ユル・ブリンナーな押しの強さもマッチしていて良かった
1uhyaの感想・評価
想像させる美しさ。冒頭にあるように、真実は彼女だけが知っているんだなぁ。不器用な大人の恋。
皇太后が強かで聡明でかっこいい。
ciatrをフォロー: