20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり

20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり

作品情報

日本劇場公開日 2008年8月30日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

theskinheadsの感想・評価
原作の漫画はもちろん素晴らしいんだけど映画もクオリティが高く、さすが堤幸彦って感じ。
某新興宗教を彷彿とさせるストーリー。日本人だからこその恐怖感っていうのがあると思う。信仰というものが日常的でない人が多いからこその、気味悪さ。集団心理の怖さ。
T.REXもまさか自分達の曲がこんな映画のタイトルになるなんて思ってもなかっただろう。これは3まであるわけだけど1が一番面白いというのが個人的な感想。1からもちょくちょくあるんだけど、ちょい役に有名人使ってまるで年末年始のバラエティ番組みたい。その内輪感が寒いんだけど3はもはやそれしかないからね。
漫画は長いもので20世紀少年と、21世紀少年があって兄がある日まとめ買いしてきたんだけど、あれを全部映画にするのは無理だろうなんて思ってたが、かなりうまく要点だけを選んで映画化してると思う。また漫画と映画のキャラが似てるんだよ!
竜雷太が死ぬシーンがやるせなくて印象的。
chibinaochinの感想・評価
懐かしいなぁ
koronbo591の感想・評価
漫画が好きです。
原作通り
ciatrをフォロー: