日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

作品情報

日本劇場公開日 1967年8月3日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

Kenta_Kawamuraの感想・評価
三船敏郎が演じる阿南がすごい。割腹のシーンは迫力満載。こちらの方が原作をリスペクトしている。
potunenの感想・評価
不勉強なもんで宮城事件についてはほとんど知らず、面白かったし勉強にもなった。多少混乱するも関連本でも読もうという気になったし。役者さんの熱量も凄くて、迫力満点。しかしこのドラマの裏で何百万人の人が死んだ、という事実を最後にちゃんと添えて、単なる「戦争を止めた美談」にしていないのがまたグッド。始めたのもこいつらなんよな。
nusagiの感想・評価
目をぎらつかせた青年将校の鬼気迫る感じなど、画面を通しても伝わってくる迫力が凄い。

実際の現場では、どれくらいの熱量だったのか…。
ciatrをフォロー: