アナザー・カントリー

アナザー・カントリー

作品情報

原題 Another Country
製作国 イギリス

新着感想・ネタバレ

sajoudolphinの感想・評価
イギリスの美少年だけでも十分ワクワクするのにパブリック・スクールなんてお釣りがくる!と思い、やっと観ることができました。
まず建物が素晴らしいです。資料集が欲しいくらい。
トミーの共産主義もストーリーをすべてなぞらえたあとだと、なんだか気持ちがわかる気がします。弱者やマイノリティーが踏みにじられるのはまだ変わってないなあ。
mayakiの感想・評価
キレイなイギリス青年・少年がたくさん。コリンファースは若い時からコリンファースなんだなぁと。
s_p_n_minacoの感想・評価
第一次英国男子(当時は貴公子)ブームといえば真っ先にこの映画であり、これが青春の一頁だった男子がいる。パブリック・スクール内の描写だけで目眩するほど耽美だが、そこでの政治とその後の運命を90分という尺でたっぷり想像させるのが良い。そして『アナザー・カントリー』があったから『裏切りのサーカス』や『イミテーション・ゲーム』があるというか、背景事件だけでなくムードが通底してる気がする。あと、コミュニストとゲイって『苺とチョコレート』『蜘蛛女のキス』とも共通するし。
何よりも、クリケット着やガウン姿が優雅すぎるルパート・エヴェレットとコリン・ファースが完璧!2人ともこれがオリジンで、そのイメージのまま変わらないからすごい(ヒュー・グラントを加えたら英国男子の雛型完成)。しかも現実でもホームズ&ワトソンみたいな絆がずっと続いてる2人なので、それを重ねながら観ると感慨もひとしおです。リアル・ブロマンスばんざい。
ciatrをフォロー: