アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパー

作品情報

原題 American Sniper
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年2月21日
製作国 アメリカ
上映時間 132分

あらすじ

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るところとなり、“悪魔”と恐れられ、その首には2万ドルの賞金を掛けられ、反乱兵たちの標的となってしまう。一方、クリスの無事を願い続ける家族。平穏な家族との生活と想像を絶する極限状況の戦地…過酷なイラク遠征は4回。 愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく、彼を戦場に向かわせる。 度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく…

新着感想・ネタバレ

ryoc_teaの感想・評価
クリントイーストウッドが好きだから見た。戦争は人の心を蝕む 戦争で死なないところがよかった
fmofmojimoの感想・評価
イラク戦争に出征した、米軍史上最強のスナイパー、クリス・カイルの話。
しんどくてしんどくてしんどいくらい、本気で作った映画なんやなあと思った。
クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー。最初、ブラッドリー・クーパーってわからなかった。
mazda620の感想・評価
実在した米軍史上最多の、160人を射殺したアメリカンスナイパー。
見終わった後の気分がすごい。仲間や敵がたくさん死んでいくところをたんたんと見ていたからこそ唖然とするラスト。衝撃とかじゃない、ありのままの事実をつきつけられて呆然とする。言葉が出ない。
見終えた時にふと考えた『良い映画』ってなんだろうか。ハッピーエンドでも気分の悪い映画はあるし、バッドエンドでも素晴らしい映画はある。私が1番好きな映画は、人によっては胸糞映画と言えるくらい気分を害するものかもしれないけど、私は誰がなんと言おうと大好きな映画。素晴らしい映画だって言える。
この映画も同じ、誰かの感性に言わせれば『良い映画』『好きな映画』『素晴らしい映画』だといえる。でもよかったかと問われた時私はうまく答えれない。これがノンフィクションだからだろうか。私たちが『こうすればよかったのに』と思っても、起きたことは変えられない事実。これが彼の仕事だった。運命だったとは思いたくないけど、どこか必然的に起きてしまったこと、のように思えた。誰がこのラストを望んだんだろうと思ったけど、そんなこといったらそもそもみんな戦争なんて望んでいないんだから。愛国心、使命感、本能、彼にとりついていたものが見ていられなかった。そんな父親でも無邪気に大好きだといえる子供が苦しかった。ずっと見守っていた妻の優しさがいたかった。この映画が描きたいメッセージ...
ciatrをフォロー: