罪と罰 白夜のラスコーリニコフ

罪と罰 白夜のラスコーリニコフ

作品情報

原題 RIKOS JA RANGAISTUS / Crime and Punishment
製作年 1983年
日本劇場公開日 2002年1月26日
製作国 フィンランド
上映時間 93分

あらすじ

労働者ラヒカイネン。かつては法学生だった彼は、ある日殺人を犯す。警察はある情報をもとに事件を怨恨の線から洗い出そうとするが、 容疑者ラヒカイネンは逃げも隠れもせず、まるでゲームのように警察の追求をかわす…。

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
アキ・カウリスマキ監督の長編処女作。「ヒッチコックがドストエフスキーは映画化不可能って言ってたんで一発目に持ってきた」という横暴かつ大胆な発言に対して、撮った本作はめちゃくちゃ繊細。ヌーヴェルヴァーグ期を脱して円熟味を増したスコリモフスキーぽいなあとも思わせる、微妙で丁寧で練りに練られた演出には熟練の風格すら漂わせます。
主人公とヒロインとにどちらも感情移入させず、ブラックボックスのようになった彼らの心情の機微を結局よくわからないまま淡々と描き続ける。彼らの心情を到底たどり着けない高み、と表現するのではなく、誰もが普遍的に持つもの、という表現をしているように思いました。偉そうなことを書いていますが、出来事のシンプルさに対してあまりに難解でありほとんど理解できていないと思います。
アキ・カウリスマキ監督作品は初鑑賞だったのですが、もう少し観てみて好き嫌いを判断しようと思います。今のところかなりいい感じ。
whentheycryの感想・評価
アキ・カウリスマキ監督作品2作目。
この監督の人と人との会話のシーンが凄く好き。必要最低限の喜怒哀楽の感情をわざと切り捨てているかのようにブスッとした演技で繰り広げられる会話は引き込まれる。

女は主人公のことを「人間的な一面がない」というけど、結構感情的に見えているけど人間的な情が見えない。それだけに最後の独白は深い。
彼が殺したかったのは多分世の中の人間誰しもが殺したいものなんじゃないかなと思います。
彼もそう言ってましたね。
ciatrをフォロー: