シチズンフォー スノーデンの暴露

シチズンフォー スノーデンの暴露

作品情報

原題 CITIZENFOUR
製作年 2014年
日本劇場公開日 2016年6月11日
製作国 アメリカ・ドイツ
上映時間 114分
ジャンル ドキュメンタリー>人物・団体

あらすじ

イラク戦争やグアンタナモ収容所についてのドキュメンタリー映画で高い評価を得るとともに、当局からの監視や妨害を受けてきた気鋭の映画監督ローラ・ポイトラスは、2013年初め、“シチズンフォー”と名乗る人物から暗号化されたメールを受け取るようになる。それは、NSA(国家安全保障局)が米国民の膨大な通信データを秘密裏に収集している、という衝撃的な告発だった。  2013年6月3日、ローラは“シチズンフォー”の求めにより、旧知のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドとともに香港へ向かった。ホテルで二人を待っていたのは29歳の元CIA職員エドワード・スノーデン。彼の語る一部始終をローラのカメラが記録する中、驚くべき真実が明かされてゆく。NSAや他国の機関がどのような仕組みを使い、テロや犯罪への関与と無関係にあらゆる国民の電話の会話、メールの内容からインタネーットで検索した言葉まで、すべての通信記録を収集・分析しているのか。政府の監視活動にIT企業がいかに協力し、情報を提供しているのか。 グレンたちが驚いたことに、スノーデンは自ら内部告発者として名乗り出ることを望んでいた。なぜ彼は、自身や恋人の身に重大な危険が及ぶことが予測されたにもかからず、この告発に至ったのか……。 当局の追跡がスノーデンに迫る中、6月5日、グレンは彼が契約していた英国紙ガーディアンに最初の記事を掲載する。そのスクープはたちまち大反響を巻き起こした。さらに6月10日、スノーデン自身が、自らが告発者であると名乗り出る。この前代未聞の暴露事件は、全世界にどんな影響をもたらしたのか……。

新着感想・ネタバレ

Ryosuke_Ohbaの感想・評価
アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞、トマトメーター98%という驚異的な高評価の本作。アメリカの方々には強烈なインパクトがあったのではないかと思いますが、日本人にはそれほどピンとこないのではないかと思います。試写会では途中退席する人もいて、私の隣の偉そうなおじさんは半分以上寝ていました。

ドキュメンタリー映画を観ると毎回思うことなのですが、映画を観て、題材について知ろうというモチベーションでは十分についていけないことが多いです。本作も、私が浅学非才過ぎたゆえに情報を処理しきれなかった部分があります。ゆえに、今回の評価はあまり参考にならなあかもしれません。

それでも、今回の題材となっているスノーデンについては、少し知っている程度でしたが、映画から圧倒的な緊張感が伝わってきたのは、さすがトマトメーター98%というところでしょうか。

ちゃんと頭の良い人が観た感想を読みたいなと思う今日この頃です。
ciatrをフォロー: