湯を沸かすほどの熱い愛

湯を沸かすほどの熱い愛

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年10月29日
製作国 日本
上映時間 125分

あらすじ

銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。 そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
2016年ベストに挙げる人も多かった本作。年明けてからの鑑賞になってしまいましたが、そんなにハマりませんでした。蒸発した父、いじめられっ子の娘を持つが母ある日ガンを宣告される。それをきっかけに物事が動き始めます。母が生ある者に伝えたかったこととは。
初めに「赤が好きである」と劇中で宣言し、全編通して赤いものをキーアイテムに散らすのはベタですがかなり好きです。主人公が周りの人間や観客に伝えたいメッセージを抽象的に明言しないなども解釈の幅を広げる意味ではかなり映画的です。そのメッセージもかなり素敵なので面白い映画になるはずなのですが…。お涙頂戴展開が目立ちました。脚本を読んでいるように感じる台詞回し、キャラクターごとで物語に波がある構成、安めな音楽など、悪い意味で邦ドラマぽさがあります。何度も泣かされそうになったのも事実なんですけどね。
宮沢りえ、杉咲花は各世代最高レベルの泣き演技です。あの役もオダギリジョーでしかありえないし、その他俳優がとてもいい。
wakamewattsの感想・評価
これ以上不幸な女性は居るだろうか。風呂屋の夫は蒸発、やむなく営業停止。体調不良で診断を受けると末期がんの宣告を受ける。他にも彼女の不幸はまだまだ尽きない。しかし、めいっぱい娘に愛情を込めて生きる。こんな、強い女性はそうそういない。泣かせる映画だ。〈#17‐004〉
satokom31の感想・評価
宮沢りえの演技が素晴らしくて、母親がもつ愛情の大きさを感じた。子供2人も最高。
ciatrをフォロー: