湯を沸かすほどの熱い愛

湯を沸かすほどの熱い愛

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年10月29日
製作国 日本
上映時間 125分

あらすじ

銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。 そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。

新着感想・ネタバレ

igagurichanの感想・評価
ぬるま湯から心から熱い湯の銭湯に浸かって行く感じの映画。
ギリセーフで劇場で観れた。
周りからは啜り泣く声も聞こえたが私は全く泣けなかった。
余命いくばもない主人公の映画は沢山あるけれど、のんびり、たゆりと嫌な事から目を背けて生活していた人間がある日を境目に奮起する姿。怒涛のような展開、リアルとファンタジーが混ざった様な物語。
泣けなかったのは、もし自分ならと強く考えてしまったせいだ。
遺された者は子どもでも自力で生きていくしかない。死に至る者はスパイスを与えるだけ。
決して深入りはしない。
死んでも生きても親ってそういうものかなと強く思った。
勝負下着と暖かい食卓…この映画の感想はそれに尽きる。
お母さんて強い。自分も強いのかな…結局死ぬ間際じゃないと全ての事はわからないのかもなんて思ったり。
心残りを無くしても側にいたいと切に願う主人公の気持ちが熱く激しく伝わり苦しく、けれどやりきった様なラストは爽快感を感じた。
HMworldtravellerの感想・評価
自分に残された時間が短いことを知った時、私はこんなふうに家族や大切な人達に向き合えるだろうか? 死への恐怖、絶望感。「なぜ自分が」というやり場の無い憤りや悲しみ、自分のいない世界を思う虚無感や孤独。そんなものに押し潰されそうになりながら、自分の今を歩むのに精一杯になりながら、それでもそれに打ち勝って 周りに愛を注ぐことができるだろうか。お母ちゃん = 双葉 の強さと 全てを包み込むような大きさが 文字通りお湯のように温かく心に沁みてきた。

本作では溢れんばかりの双葉の想いが そこかしこに感じられたのはもちろんだけれど、彼女が これまでもきっと力強く とても丁寧な生き方をしてきたんだろうなと思わせる場面が多い。 ダメ夫を探し出して迎えに行き 稼業の銭湯を再開させるために皆で掃除するのは 家族の一体感を強めそれぞれの責任の喚起を促す。娘をイジメに立ち向かわせる場面は 心の持ち方を教え、あの朝のしゃぶしゃぶの風景は帰る場所 心の居場所としての家庭の存在を示すものになっていたと思う。そんな彼女の強さが 心の痛みと人間の弱さを知っているからこそだということがわかる後半は 前半に散りばめられたものが回収されるのも相まっていろんな感情の波が押し寄せた。

双葉を演じた宮沢りえは ほんとに余命幾ばくも無いからこその この演技なのではと思うほど エネルギーと覚悟の伝わる素晴らしい演じっぷりだったけれど 一番心に残っ...
mataro_minceの感想・評価
前触れなく夫が出奔した日から生業である銭湯は休業状態一人娘を養いながら明るく振る舞う主婦双葉。パート先で倒れ運び込まれた病院で末期癌を宣告される。病をひた隠し恐怖と闘いながらも残される人達のためにある決心をする「湯を沸かすほどの熱い愛」塚口4。名場面限りなく。めっちゃ泣いた。2017年1月16日 主演の宮沢りえを始めとしてオダギリジョーや演者総てを抱きしめたくなる。銭湯の裏庭で、高速のパーキングエリアで。何気ない場面にふとしたセリフに演技が凝らされ素晴らしい各シーンにつながる。それが積み重ねられた作品。鑑賞後の爽やかさはなんだろう。とにかく、すべてが、愛なんだよ愛!。
ciatrをフォロー: