シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた

作品情報

原題 Sing Street
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年7月9日
製作国 アイルランド・イギリス・アメリカ
上映時間 106分
ジャンル ドラマ・恋愛>青春>音楽・バンド・ダンス

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった――。

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
やはりジョン・カーニーはアイルランドに限る、かも。だがブレないクマ系男子推し。兄ちゃんをギュッとハグしたくなる。実はクリス・プラット似の兄ちゃん、ギグの場面で泣いた…。そして、そうなんだバンド練習部屋というのは狭くて、何十年も同じカーペットが敷かれてて、使わない暖炉があって、やたらダサい置物が沢山あるような部屋なんだよ!!と。もちろん、金持ちorやたら機材だけは揃ってる(演奏&人格は問わない)ヤツをまず加入させるのが必須なんだよ!いやあの子は良いヤツだったけど。
そんな、ほぼ同世代にはたまらないリアリティと、切なく力強いお伽噺のマジックが素晴らしかった。最後の大きな船の軌跡は、兄ちゃんが作った潮流なんだよね。どうか幸せになってほしいよ兄ちゃん。
Sensyu_Kishimotoの感想・評価
@柏キネマ旬報シアター

地域の閉塞感、学校の不条理、家族のゴタゴタ、そんなものに負けず未来を切り拓いていく若者たちを音楽が盛り上げている。
ciatrをフォロー: