ラ・ラ・ランドの感想・評価・ネタバレ



ラ・ラ・ランド
4.1
203
85

La La Land 2017年2月24日公開 アメリカ

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

AAsukasukasukaの感想・評価
後半に向けて面白くなっていく。
初っ端は正直、このままいけば寝るかもとか思ったけど、2人がメインになってから面白くなっていった!
もう少し夢を追うシーンがあったら良かったような。。
でも楽しめたし、ラストも好きです。
aya06の感想・評価
大好き。何回でも観たい。
Arisa_Komachiの感想・評価
ジョンレジェンド出てた
最後切ない
yuma-nagaの感想・評価
音楽はいい
途中中だるみあり
女優も俳優もいい味だしてる
夢と普通の幸せのどっちをとるかという点にメッセージせいがあり
平凡な幸せなだけが幸せだけでなく
生きていく上で、どれだけ経験値として影響を及ぼせる存在かという点が良い

Sayaka__Todaの感想・評価
楽しいけれど切ない、現実だけど夢のような、まさにLA LA LAND。
音楽はひたすらハッピー‼
始まりのシーンは圧巻の長回し。

「セッション」は人の業を描いた話に感じたけれど、今作は感情もなにも置いといて、ヒトに平等に流れる時間を淡々と描いたみたいな。けど、ハッピーな音楽が散りばめられているからそちらに目がいく。
最後は、きっと誰もがひとつは持っている「あの時ああしていたら、自分の人生はこうなっていたのかな」という幻想を吹っ切って終わる。
音楽の明るさとの差異が切ない。
大切な人と観られて良かった。
harryの感想・評価
ミュージカルではなく、映画。しかも、アカデミー賞を取るようなアップダウンのダウンの激しい映画ではなく、セッションのような単館系の、淡々と時が流れていく映画。ラストシーンは傑作だけど、共感できるかはその人の人生経験次第だと思う。
elnoa15の感想・評価
TOHOシネマズ渋谷
amazon02の感想・評価
フラッシュモブとか、見るのもダメだし、されたら間違いなく逃げる自信がある。そんな自分は、サウンドオブミュージック以来、ミュージカルは絶対観られない。
と思っていたのに観られた。

(古典的)王道ラブストーリーと、どこまでいっても色々なタイミングが噛み合わないカップルと、ジャズを軸に、対比で作品全体をまとめてある事で、飽きないストーリー。
色彩設計もエマ・ストーンの時は衣装をカラフルな方向に振り、ライアン・ゴズリングには背景へとそのバランスを変える。ストーリーの起伏に合わせてそれぞれ彩度が変わるのもお見事。

いきなり歌い出す、踊り出す事への違和感はやはり払拭できなかったが、たまには毛色の違う作品も見て見るものだと思った。

サントラ買わなきゃなあ。
あ、ハマってる。

2017.03.13
TOHOシネマズベイシティ
wh
anpnの感想・評価
ミュージカル映画ということと、アカデミー賞候補作品だから大したことないかなと思って見たらなかなかおもしろかった!
切なさがまた良かったです。
matsusatoの感想・評価
面白かった☆
ミュージカル系は毛嫌いしてたけど、いいじゃないか☆
最後もいい!
表情だけで物語る感じ!素晴らしいね☆
EllyMimyの感想・評価
鑑賞後2週間経ってのレビューです。

やっと言葉にできそうです。
あれから、パンフレットとサントラでずっと余韻に浸っています。

大好きなエマが主演というだけあり、随分前から観たかった作品でした。

冒頭から圧倒。
出演者が紡ぐカラフルでポップで楽しいダンスと歌にすっかり魅了されました。
『夢を見ていた。』と言う通り
まるで華やかな夢の中に2人に連れて行ってもらって、一緒に踊り歌っているような感覚でずっと浸り続けていました。

どのシーンも好きだけど
やはり!丘の上のダンスシーンがすてき。プラネタリウムのシーンも好き。
個人的にジャズが大好きなのでジャズを聴けたのも嬉しかったな。
あと私はかなり古くからのミュージカル作品を沢山観てきたので、各シーンで見られるその作品たちへのオマージュも楽しかったです。

切なく甘い夢。
お伽話なのか
リアルな世界なのか
境界線上で歌い踊る2人に最後まで魅せられました。

夢をありがとう。
sabiinuの感想・評価
2017/03/13 イオンシネマ長久手
あまりピンと来なかった。
2jthd6upの感想・評価
2017.03.06 TOHOシネマズ日本橋

ミュージカル映画苦手だけど、その割には面白かった。
ダンスシーンの見せ場が前半に固まり過ぎでは?
つまらなくはないけど、超面白いというわけでもなく、あんまり毒にも薬にもならない…といった印象。
先に「絶賛!」「アカデミー賞!」って感じで煽られると期待が大きすぎてあんまり良い結果にならないな~
matzsaraの感想・評価
華やかなオープニング!縦横無尽に歌い踊る人びと、躍動感がすごい。それに加えてキャッチャーな音楽。全てがエネルギッシュ!メロディーはどこか懐かしさが混じっていて耳馴染みもいい。初っぱなから心を掴まれた!!
ただ、この監督は万人受けが得意でないのか好きじゃないのかもしれない…とラストまで見て思った。観客の見たいものじゃなく別の動機で物語が推進しているってことにもっと早く気づくべきだった。…ラストはちょっとショックを受けるけど、人間の複雑さや表現のパワーをひしひしと感じた。
人生の酸いも甘いも噛み分けた人が見ると、もう堪らないラストだと思う。私はまだお子ちゃまだったみたい。もう少し大人になってから観たほうが…!という気がしたのが心残り。
サントラ購入した!やっぱりオープニングの曲が大好き。あとなんだかわからないけど、山下和美さんの絵を思い出す!リアルな俳優さんが歌って踊ってるのに、まるで絵みたいに完璧な瞬間があって震える
YOKOHIDEの感想・評価
とても面白かった!
観終わり、素直に映画館で鑑賞できたことを喜べた。
ミュージカル要素が、少なくも思えたが、ストーリーだけでなく画作りも、素晴らしかった。
Ayano_Nagashimaの感想・評価
面白かった。
それぞれの決断のお話。音楽はすてき。
Doraの感想・評価
開始1分で泣いた。脳みそにガンガン訴えてくる歌と演出。キレイすぎた。多少ガバいとこもあった(理由なき反抗を観るシーンは映画館にいる僕らのためのシーンであって映画のストーリーにとってそこまで重要だったか?等)が、気にしないくらい素敵だった。年度末のカップルは重なる部分沢山あったんじゃないかな。ていうか自分含め割と多くの人が。そんな中のあのラストは号泣ですよ、あまりの美しさと儚さに。映画館で観られてよかったなぁ。セッションも観ないとって思った。
Miyu_Kawasujiの感想・評価
Minori__Yamaguchiの感想・評価
ミュージカルは苦手だけど、この映画はカラフルなドレスで歌うシーンが楽しかったし、むしろもう少したくさん歌のシーンが欲しかった
内容は別に普通、エンターテイメント映画という感じ
tnht77の感想・評価
超普通の誰でも予想できる恋愛映画だったけど、ミュージカルと演出で楽しめたなあ。その場でショーを見てるようにしたいから、長回しで撮影してたらしい。良いんだけど、若干酔うから苦手な人は苦手かも。
最後のセブの演奏シーンで感情移入しすぎて迂闊にも泣いてしまった。
別れてなかったら、もしあのまま結婚してたら、、っていうのが曲を通じて分かり合えたんだな〜〜って。
HMworldtravellerの感想・評価
夢を追い求めたその先にあるもの。夢を追い求める途中で置いてきたもの。

終盤、走馬灯のように駆け巡る映像を浴びながら、いくつもの「もし、あの時」が頭の中に浮かんでは消えた。自分の夢と相手の夢。それらが寄り添い合うように育まれ、そのどちらもが叶ったなら どんなに素敵なことだろう。

胸が高鳴り心が弾むようなオープニングは圧巻でたちまちこの世界観に吸い込まれた。陽気で明るくそこに行けば何かが動き始まることを感じさせるポテンシャルと勢い‼︎ 掴みとしては充分過ぎる。その躍動感溢れる見せ方とアプローチはまるで違うけれど、同じように心を鷲掴みにされたのがラストの数分だった。この映画は映画好きの心をくすぐるものをたくさん詰め込んでいて、耳に残る印象深い音楽に 絶妙のキャスト、新しさの中にもレトロな空気漂う演出、そこかしこに織り込まれたオマージュなど魅力を挙げれば枚挙にいとまがない。けれど、あの最後の数分がなければ ここまで心に残る作品にはならなかっただろう。

出会い、再会、特別な予感、カラフルなドレスやダンス。高揚感を刺激する要素を散りばめた前半と、突きつけられる厳しい現実に苦悩し葛藤する後半。このギャップは、煌びやかに見える世界にも当たり前のように もがきや悩みがあり、スクリーンのこちら側にいる私達と彼らが何ら変わらぬ 思い悩む人間であることを示して 距離感を縮めてくる。

そしてラスト。何か...
yupiberryの感想・評価
オープニングからぐっと引き込まれる、舞台では出せないスケール感のミュージカル映画!
夢を追いかける若い男女の定石通りの展開、というだけではすまないところにリアリティがあった。
夢をつかめば幸せ、成功、でもあるんだけど、そこに至るまでに失ったものもあるんだなぁ。エンディングの回想シーンは圧巻でした。
カサブランカとかムーランルージュとかを彷彿とさせるシーンも。ミア役の女優さんがとってもキュート。
mataro_minceの感想・評価
‪冬のハリウッドから。映画俳優を志す女とjazzを愛する男。運命は素晴らしい演出で2人を巡り合わせようとするが「ラ・ラ・ランド」大高9。才能と仕事、出会いとタイミング。愛とはいつも不思議なもの。少しクラシカルな衣装や音楽が素晴らしい。シンプルで普遍的な永遠の物語。何度も泣いたなぁ。‬2017年3月7日。ミュージカルって楽しいなぁ。そう再認識させてくれる。なに言ってもネタバレになるからここまで。「舞妓はレディ」もう一度映画館で観たくなった。「ロシュフォールの恋人たち」もねっ。
maipoteの感想・評価
映像、音楽、キャスト、演技、最高だとおもいます。無駄なものを取り除いたシンプルな作品だけれど、非常に素晴らしい作品と思います。
ラストの表現、すごく綺麗だったと思います。色彩もきれい。
toshibakuonの感想・評価
冒頭のシーンから見せつけてくれる。長回しワンカットで魅了し舞台を観ている感じになる。相手への印象は初めは良くなくてもしだいに恋に落ちてしまうって事はあるし出会いと別れって運命なんだろうな。夕暮れ時のダンスシーンや要所に入るミュージカルがとても素敵でうっとりしてしまう。人生ではターニングポイントが必ずあり選択は自分で決めるしかないけれど違う選択だったらもちろん結果も変わってくる。ハッピーエンドがすべて幸せではなく切ないからこその良さもある。
TORABISU777の感想・評価
カットバックとフラッシュバックの使い方が非常に効果的で、それに加えて矢継ぎ早に秀逸な音楽とダンスを見せられ、まさにミュージカル映画といったところ。無駄に気障な台詞もないし、真のとこは全てJazだけで伝える感じもいい。

恋が人生をダメにすることだってあるし、大成功に導くことだってある。どっちつかずの人間は二頭を得られず、貫き通した人間こそが二頭を得られるのだと思う。
幸せの在り方って人それぞれだなぁ。
annaannerannestの感想・評価
ストーリーも演技も歌も映像も全て最高!!衣装やセットの色合いも素敵。
chihoの感想・評価
歌唱シーンへの導入がうまいなー
おしゃれ。
でもストーリーがここまでシンプルならもっとミュージカルしてほしかったなー物足りなかった。
きっとジャズのせい。
セッションがヒットしたから作れた映画だねぇ