タブロイド

タブロイド

作品情報

原題 Cronicas
日本劇場公開日 2006年1月21日
製作国 メキシコ エクアドル

新着感想・ネタバレ

pleiades_ginの感想・評価
ストーリー
エクアドルで子どもばかりを狙った連続レイプ殺人が発生し、人々は恐怖を込め犯人を"モンスター"と呼んだ。
マイアミのテレビ番組『真実の一時間』のリポーターであるマノロたち取材陣はモンスターの新たな事件を取材に訪れた先で一つの事故に出くわす。取材を試みた被害者の弟がインタビュー直前、友人を追いかけている最中車に轢かれ死んでしまう。事故を起こした運転手のビニシオは立ち尽くすが群衆は暴徒化し彼にリンチを加えあわや殺される直前、マノロと地元警察によって静止されリンチ事件は沈静化する。

後日留置所を訪れたマノロ一行は運転手のビニシオに会う。ビニシオは留置所も安全ではない、自分を取材しどうか助け出して欲しいと彼らに掛け合う。彼らは断り続けるが、ビニシオが提示したのは未だ明るみに出ていないモンスターの情報だった。


あまり日本だと見慣れないエクアドルの映画だね。馴染みがない分新鮮。
物語では終始マノロとビニシオのやり取りを通じモンスターの輪郭が鮮明になる様子が描かれている。

でも今ひとつパンチもなければ釈然としない。群衆の粗暴さや、インフラ機能も整わない貧しさが描かれているようでどこか物語とは離れてる。

モンスターの事件と、ビニシオ、マノロのやり取りのどちらに比重を置くのかがハッキリしないために入り込めない。

ただし、ラストの建物が少し映るシーンはおぉっ!と思わせてくれる。
toraの感想・評価
エクアドルの作品。気味の悪さがハンパじゃなかった。大分前に観たのでもう一度観てみたい。ハリウッドには無い生々しいエグみがありました。
ciatrをフォロー: