マイメロディの赤ずきん

マイメロディの赤ずきん

rating 0 -
0 0

『マイメロディの赤ずきん』とは

有名なグリム童話『赤ずきん』を、マイメロディを主人公にして作られた短編アニメ映画。総監督はサンリオの劇場作品を多く手掛けている波多正美。監督は『GARAGA ギャラガ』の窪秀巳。脚本は『逆境無頼カイジ』の高屋敷英夫。赤ずきん=マイメロディの声は、『おねがいマイメロディ』と同じく佐久間レイが演じている。出演はほかに中尾隆聖、滝口順平、小粥よう子。『ハローキティのシンデレラ』『キキとララの青い鳥』と同時上映された。

『マイメロディの赤ずきん』のあらすじ

おばあさんが病気になってしまったので、お見舞いに向かうことになった赤ずきん(マイメロディ)。おばあさんの家は森の向こうにあり、お母さんは行くまでに道草はしないで、オオカミに注意するよう強く赤ずきんに伝える。しかしオオカミは森の中で赤ずきんを見つけて、しつこくつきまとう。赤ずきんが花摘みを始めると、オオカミはそのスキにおばあさんの家に先回り。おばあさんになりすまして、赤ずきんがやってくるのを待つことにした。やがて何も知らない赤ずきんは家に着き、ベッドで寝ているオオカミをおばあさんだと思って近づいてしまう。

『マイメロディの赤ずきん』のスタッフ・キャスト

『マイメロディの赤ずきん』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『マイメロディの赤ずきん』に関連する作品