X-メン

X-メン

X-MEN
アメリカ 2000年10月7日上映
rating 3.4 3.4
371 6

『X-メン』とは

遺伝子の突然変異により超人的な能力を持つミュータント「X-メン」達が、人間との違いに苦悩しつつも、人類を守る為、それぞれが持つ特殊能力を発揮して壮絶な戦いに身を投じていく姿を描く傑作SFアクション。『ユージュアル・サスペクツ』でその卓越した手腕を世界に見せつけたブライアン・シンガー監督が、マーベルコミックで大人気の原作を忠実かつダイナミックに演出し、今も綿々と続くヒーロームービーブームの礎となる。X-メン単独としても、続編、スピンオフ作品も含め、関連作が続々と製作されており、大人気シリーズとしてSF映画史にその名を刻んでいる。

『X-メン』のあらすじ

遺伝子の突然変異により、通常の人間とは比較にならない超人的な能力を持つミュータント達。プロフェッサーXをリーダーとする「X-メン」チームは、人間社会から阻害されながらも、人間と共存する為に結成されたミュータント組織である。一方、人間を敵とみなし、人間を支配するべく暗躍するマグニートーは、ミュータント達を集めて危険で強力な組織を結成し、対立していた。あるカナダの雪深い山道沿いのバーで、見せ物に興じていたミュータントのウルヴァリンと少女ローグは、謎の組織に襲撃されるが、自分と同じく特殊能力を持つ「X-メン」チームに救われる。彼らの目的を知ったウルヴァリンは、苦悩しながらも、人類を救うための壮絶な戦いに参加する。

『X-メン』のスタッフ・キャスト

『X-メン』の感想・評価・ネタバレ

  • Dora
    Dora 4 6月22日

    完全にウルヴァリン好きになるでしょ。 時間軸は[ウルヴァリン: X-MEN ZERO]の後15年。 ミュータントは社会問題となり人類から忌み嫌われている社会。 そんな中で姿を隠して生きるローガン。 ローグは"I saved your life."と言っていたけど、あれ多分嘘だよね? 彼女もミュータントなんだろうなって感じはしたけど、誰にも触れてないし。 ローグは人の能力・生命力を奪うミュータントってのがこの映画のキーとなる。 敵はその能力を使って自分の身代わりにさせようとする。 ローガンは自分の治癒能力をローグに与える。 これって同じ能力が主語によって「嫌う・奪う・尊重する」の対比構造ができてる。 自分の短所だと思ってた部分を、"人の特徴"としてチャールズが尊重する。 そしてマグニートが"利用"しようとする。 そんな翻弄されるローグにローガンは"長所"なんだと教える。 チャールズだけではローグの心は開かれなかったのかもしれない。 コンプレックスを克服するには、まずは認めてあげて、その後に長所に意識転換させないと。 チャールズの優しさと、ローガンの愛が一人の少女を救った物語。 ローガンの自分を犠牲にするほどの愛(これは贖罪の域を超えている)に、我々の中にも愛を残してくれる。 なんて優しい青年なんだ……。 コミカルな部分は少なかった。 非常に良い映画だったと思う。

  • ひら

    2016/10/24

  • ベルコモ
    ベルコモ 4 2016年9月21日

    ミュータント達にチャールズが設立した学園があってよかったと思う。ほんの一部の答えだけど。異質拒否からの迫害で常に重圧があるが、学園にいるミュータント達の我を保てるメンタリティーで明るい作風の映画になっている。映画で漫画を見る楽しさは素晴らしい。

『X-メン』に関連する作品