大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス

1967年製作 日本 86分 1967年3月15日上映
rating 3.7 3.7
3 0

『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』とは

シリーズ第3作で高橋二三が脚本を引き続き担当している。監督は第1作『大怪獣ガメラ』の湯浅憲明が再び担当し、本作からは湯浅が本編と特撮の両方の監督担当しており以後のシリーズもこの体制が続いている。世界市場にも通用するようにと吸血鬼ドラキュラを題材にし、怪獣翻案に挙がった吸血怪獣バンパイヤーをもとに光を嫌う夜行性の吸血コウモリの怪獣『ギャオス』となり、本作の『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』が完成した。ガメラの飛行形態のバリエーションや、ガメラと子供の交流が描かれるなどさまざまなアイデアが注ぎ込まれ、ストーリーと絶妙に組み合わさった娯楽作品になっている。対戦相手のギャオスは直線を基本としたシルエットで、その狂暴な性格からライバル怪獣として人気を博した。

『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』のあらすじ

富士火山帯の活動が活発化したことにより富士山が噴火し、その噴火の熱に導かれてガメラが飛来し炎を食い始める。調査のため取材陣や科学者を乗せてヘリコプターが飛び立ったが突如黄色い謎の光線により真っ二つにされ墜落してしまった。 一方、東名高速道路建設予定地である二子山そばの山村では、金丸村長の指導で用地賠償金の吊り上げを狙った地元村民と道路公団との対立が続いていた。謎の光線の取材にやってきた新聞記者を案内するために事故現場に行った金丸村長の孫・英一は、そこでコウモリのような翼の怪獣に遭遇し、新聞記者はその怪獣に食われてしまう。さらに英一も捕まえられたが間一髪のところでガメラが登場し、なんとか英一はガメラによって救い出された。 翼の怪獣はギャオスと名づけられ、対策本部は戦闘機で攻撃するが、ギャオスの超音波メス光線により全滅してしまう。 そしてギャオスが夜行性である性質が明らかになり、強力な照明弾を使ってギャオスを巣に封じ込める作戦が決行されたが突破されてしまう。名古屋にまで飛来したギャオスにより名古屋城が破壊され、一帯は火の海となり...。

『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』のスタッフ・キャスト

『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』の感想・評価・ネタバレ

  • ベルコモ
    ベルコモ 4 2016年10月17日

    好きな怪獣映画。子供の味方のガメラに対しギャオスは人を食う恐ろしい怪獣だ。ガメラはちょっと笑ってしまうような不器用で愛情に満ちてるシリーズ。平成で復活したオタッキーな内容のガメラは良くなかったね。

  • Hiro

    いやぁーー まさに最強のライバルですね! ガメラさん!

  • cla_sta

    昭和版ギャオス戦。わりとすき。

『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』に関連する作品